無料ブログはココログ

« Vol.13 伊勢鉄道の車窓から | トップページ | Vol.15 急行かすが最終日 »

2006年3月16日 (木)

Vol.14 高松琴平電鉄1020形

木曜日のテーマは「ローカル鉄道過去の写真館」。
第1回は高松琴平電鉄1020形です。

1957(昭和32)年に登場した元名古屋鉄道3700形。
1968(昭和43)年から琴電入りし、最終的に8編成16両が入線し、一時期は琴電最大勢力を誇っていた。
1080形導入により廃車が進み、2004(平成16)年11月3日に最後まで残った1029F・1031Fが引退した。
1031F・1032号のみ高運転台で異彩を放っていた。

末期は平日朝の限定運用(一宮~高松築港2往復(終着は仏生山))のみについていた。
また、引退前の2004(平成16)年10月からさよなら運転が何回かに分けて行われた。

管理人が琴電初訪問したのが大学時代の2004年8月。
地元・東海地区の車両ということもあり、興味があり、1020形目当てで訪問した。
この頃、既に1020形は先が長くない、と噂されていた。
その後、わずか3ヵ月後に引退する事になるが、その間何回も足を運んだものだ・・・。

なお、両編成ともさよなら運転終了後数日で解体されている。blog21 blog22

« Vol.13 伊勢鉄道の車窓から | トップページ | Vol.15 急行かすが最終日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.14 高松琴平電鉄1020形:

« Vol.13 伊勢鉄道の車窓から | トップページ | Vol.15 急行かすが最終日 »

最近の写真

  • Torii03
  • Torii02_20210111170801
  • Torii01_20210111170801
  • Akura01
  • Akura02
  • Akura03
  • 011001
  • 011002
  • 011003
  • 011004
  • 011005
  • 011006