« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

Vol.42 桃と北勢線

三岐鉄道沿線に撮影に。
まずは、丹生川~三里間で貨物を撮影。
付近では、田植え作業がはじまっていた(残念ながら、上りセメント貨物はウヤ)。

その後は、3月末に廃止になった北勢線上笠田駅付近の桃と絡めて撮影した。Blog103_1 Blog104

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.41 関東遠征2日目・秩父鉄道

さて、遠征2日目は秩父鉄道。
3月にデビューした6000系や、SLパレオエクスプレス、お馴染みの貨物列車などを撮影。

1枚目:波久礼駅にて交換する新旧急行列車
2枚目:3000系急行芝桜号
3枚目:デキ104号牽引の貨物列車
4枚目:煙を上げて力走するパレオエクスプレス

2枚目~4枚目:樋口~野上で撮影

Blog99 Blog100 Blog101 Blog102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.40 関東遠征1日目・上信電鉄

4月20日、21日に久しぶりの遠征をしてきました。
20日は上信電鉄・21日は秩父鉄道を訪問。

上信電鉄は2月に訪問していますが、そのときは下仁田まで往復と山名~西山名で1枚撮影しただけだったので、今回は撮影目的で訪問。
※詳しくは、サイト内「鉄道旅行・訪問記」で近日公開予定です。

1枚目:千平~下仁田
2枚目:千平~下仁田
3枚目:山名~西山名
4枚目:山名~西山名

Blog95 Blog96 Blog97 Blog98

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.39 桜と樽見鉄道II

天気が良かった本日、樽見鉄道へ行ってきました。
12日にも桜と絡めて撮影したものの、天気がよくなかったので、本日最後のチャンスと思い撮影に。

1枚目:5レ・谷汲口にて
2枚目:316レ・谷汲口~木知原にて[谷汲山大橋より撮影]
3枚目:13レ・木知原にて
4枚目:部品取り?用のDE10とスイッチャー・本巣駅付近にて

Blog91 Blog92 Blog93 Blog94

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Vol.38 大井川鉄道SL撮影

とある大井川鉄道SL撮影ツアーに参加してきました。
サイト内の「鉄道旅行・訪問記」でも近日公開しますが、速報版として4枚ほど紹介。

SLの沿線撮影は初めてでしたが、なかなか難しいですね。
乗車する事もでき、充実した1日を過ごす事ができました。

個人的にはSLは勿論ですが、旧型の電気機関車の方が気になったり・・・。

1枚目・4枚目:川根温泉笹間渡~抜里にて撮影[道の駅川根温泉より撮影]
2枚目・3枚目:千頭駅にて撮影
Blog89 Blog90 Blog87_1 Blog88_1

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Vol.37 桜と樽見鉄道

天気がすぐれないものの、休みの関係で、桜と樽見鉄道を絡めて撮影できる機会もなかなかないので、樽見鉄道訪問してきた。
今朝までの強雨で桜が散ってしまっているのでは?と不安だったが、桜は下を向いてしまっているものの、まだまだ綺麗に咲いていた。

1枚目:桜に囲まれた木知原駅停車中のモレラ号【10レ・木知原にて】
2枚目:桜に囲まれた谷汲口駅を発車したハイモ230【5レ・谷汲口にて】
3枚目:犀川を渡るモレラ号【9レ・横屋~十九条にて】
4枚目:谷汲口駅停車中のハイモ295【316レ・谷汲口にて】
5枚目:316レは本巣からハイモ230-312を増結。池田満寿夫氏デザイン車の重連となった
【15レ・東大垣~横屋にて】

Blog82 Blog83

Blog85Blog84Blog86

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.36 ローカル鉄道駅紹介 ~銚子駅~

ローカル鉄道駅紹介、今回は千葉県の銚子電鉄・銚子駅。

JR総武本線・成田線と共同の駅であり、管理は東日本旅客鉄道が行っている。
開業は1897(明治30)年と歴史は古い。
ちなみに、銚子電鉄の前進、銚子遊覧鉄道が開業したのは1913(大正2)年のこと。

銚子電鉄はJRのホーム端の専用ホームに発着。
オランダ風車の形をした入口が印象的だ。
ここから、単行の可愛らしい電車が発車していく・・・。

また、銚子駅に乗り入れるJRの車両は、まだ国鉄時代の車両が多い。

画像
上:風車型の入口内から見た銚子電鉄ホーム
中:JRのホーム
下:風車型の駅入口

Blog79 Blog80 Blog81

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.35 桜と三岐鉄道

天気がイマイチだったものの、三岐沿線で桜が満開だったので夜勤帰りに撮影をしてきました。

撮影地
上3枚:三里~大安
下:保々~北勢中央公園口
Blog75

Blog76 Blog78 Blog77

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.34 本日の撮影画像@樽見鉄道

貨物廃止以後、はじめて樽見鉄道を訪問してきました。

沿線の桜はまだ咲き始めといった感じでした。
3月4日に運用を離脱した客車は相変わらずの位置に留置されていました。
また、来週にでも訪問したいと思います。

※木曜日の特集「過去の写真館」は、本日はお休みさせていただきます。

Blog72

Blog74 Blog73_1 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Vol.33 大型車両も走る路面区間・福井鉄道

ローカル鉄道沿線風景・第3回は福井鉄道の路面区間(田原町~木田四ツ辻)。

2006年4月1日より、名鉄から譲渡された低床車が活躍しているが、従来の車両も一部残っている。
これら大型車両が道路を走る姿は実に興味深い(自動車運転者側にとってはこわいかもしれないが・・・)。

既に、路面電車自体少なくなってきた現在、新車導入など積極的な福井鉄道に注目したい。
Blog70 Blog71

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.32 ローカル鉄道駅紹介 ~岳南鉄道比奈駅~

ローカル鉄道駅紹介、今回は静岡県の岳南鉄道比奈駅。

1951(昭和26)年開業の比奈駅は、貨物取扱駅で広いヤードを備えている。
懐かしさを感じる駅舎内や、構内で茶色の機関車がワムハチを入れ替える姿などを見ていると、何か時間が止まったような錯覚を感じる。

構内では、突放も行われており、貨物ファンならずっといても飽きないだろう。

また、駅のすぐ近くの空き地には、旧型車の廃車体が倉庫として残っている(現在も利用されているかは不明)。

ちなみに、比奈は「かぐや姫発祥の地」といわれており、比奈駅から徒歩15分のところに「竹採公園」がある。Blog68 Blog66 Blog69 Blog67

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Vol.31 愛環の顔・2000系

ローカル鉄道車両紹介、今回は愛知環状鉄道2000系。

愛知環状鉄道は2005(平成17)年11月の100型引退後は2000系に車種統一がされており、愛知環状鉄道の顔と呼べる車両だ。

2000系は、旅客サービス向上と旧型車の取替え、愛知万博を中心とした輸送力増強等の目的で、2003(平成15)年3月から営業開始。
最高速度は130km/h(愛環線内は110km/h)で、大幅なスピードアップを実現している。

外観塗色は、一般公募により募集し、最優秀に選ばれたデザインをベースにしている。
なお、愛知万博開催期間中は、前面扉に万博のステッカーが貼付されていた。

G8~G11編成(画像下段左)は、冬季の架線への霜付着防止対策として、パンタグラフが2基装備されており、冬季以外は先頭側のパンタは折り畳んでいる。

なお、車体はJR東海313系をモデルとしており、一見そっくりだが前面を中心に愛環オリジナルの部分も多い。
Blog64 Blog65

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.30 秩父鉄道3000形初の廃車

秩父鉄道で、急行「秩父路」として活躍する3000形だが、3編成のうち1編成(3002F)が、6000形(元西武新101系)導入に伴い、運用離脱。早くも解体されてしまった。

6000形はまだ1編成のみなので、残る2編成はまだしばらくは活躍するものと思われるが、姿をカメラに収めたい方はお早めに・・・。Blog63

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »