« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

Vol.48 久々の三岐撮影

午前中、少し時間があったので、久々に三岐線沿線に。

ここの所、セメント貨物はお休み中のため、あまり期待はしていなかったが、機関車のみだったもののやってきた。
のんびりとしたムードが出せたので、これはこれでよかったかな?と(負け惜しみ?)
その後、下りの炭カル貨物を撮影し撤収。

帰りに営業所が三里駅に移った三岐バスの車庫でバスの写真と、保々駅で撮影して本日は終了。

1枚目:のんびりとED45重連が走り抜ける[丹生川~三里]
2枚目:炭カル編成の貨物列車[丹生川~三里]
3枚目:車庫に並ぶ三岐バスの車両たち[三里]

Blog121 Blog122 Blog123

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.47 琴電旧型車を撮影に ~2日目~

さて、琴電訪問2日目。

天気が悪い事はわかっていたので、撮影したい場所や構図では既に昨日撮影済み。
2日目は、長尾線・志度線の朝の増結運用を撮影した。
旧型車のみの編成も良いが、個人的には新型車(といっても年代ものですが・・・)を従えて走る姿が好きなのだ。

ちなみに、2枚目の画像、ファン達の視線は先頭の元近鉄車だが、個人的には後ろの元名市交車に注目。
何故なら、現在新色に塗り変わりつつあり、この塗装(ことでんそごう色)はまもなく消滅なのだ・・・。

1枚目:白山をバックに元名市交車の先頭に立つ旧型車[学園通り~白山]
2枚目:元近鉄車を先頭とする志度線朝の増結運用[今橋]
3枚目:朝の運用を終えた元近鉄車の並び(23号・24号)[今橋]
Blog118_1 Blog119 Blog120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.46 琴電旧型車を撮影に ~1日目~

5月21日の夜行バス(名古屋~高松便)で、高松入りし、22日・23日と琴電旧型車さよなら運転の撮影に行ってきました。

22日は志度線の撮影から始め、昼過ぎから長尾線を撮影。

志度線は海沿いを走る房前駅付近を中心に撮影。
長尾線は白山バックの平木駅を中心に撮影しました。
3枚目の長尾線旧型車の写真は白黒にしてみました・・・。

1枚目:志度湾沿いに走る志度線朝の旧型車増結編成[原~房前]
2枚目:志度線旧型車同士の交換[松島二丁目]
3枚目:長尾線旧型車同士の交換[平木]
Blog115 Blog116 Blog117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.45 デキに会いに上信電鉄へ

上信電鉄のデキ走行との情報を得て、本日初デキ撮影に行ってきました。
心配されていた天気も、撮影の間は雨にも降られず、日が差して暑いくらいでした。

デキ+電車2両だったのですが、電車は自社発注の200形で個人的には両方好きなのでラッキーでした。Blog111 Blog112 Blog114 Blog113

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.44 修学旅行臨を撮影

今日は、修学旅行臨の撮影に。

加太駅で、Kさまと合流。
加太~柘植の撮影ポイントを教えていただき復路を一緒に撮影。
後ろから2両目が国鉄色だった。

その後、往路の撮影地(下庄~一身田)も案内していただいた。
とてもすっきりしていて、素晴らしいポイントでした!
Kさまには、大変お世話になりました。ありがとうございました。

1枚目:国鉄色を含む6両編成[加太~柘植]
2枚目:オール西日本色の6両編成[下庄~一身田]
3枚目:坊谷トンネルを抜け、加太駅へ向かうキハ120[関~加太]

Blog108 Blog109 Blog110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.43 ローカル鉄道での思い出

「ハンサムに撮ってやってくれよ。」

2004年の年末、小湊鉄道を訪問。
五井の機関区には、千葉県の指定有形文化財である機関車が保存されているとの事で、是非見たいと思っていた。
上総中野まで1往復して、五井に戻ってきた時に、運転士に見たい旨を伝えると、ちょうど機関区に戻るところだから、といって連れて行っていただいた。
構内を歩きながら、雑談をする中で、三重県から来たというと驚いていた。

機関車の前まで案内していただいて、運転士は詰所に戻っていった。
詰所の中からは「三重県からだってさ!」という会話が聞こえてきた。

しばらく撮影していると、先ほどとは別の職員の方が出てきた。
そして、撮影している私に言った言葉が、最初の言葉である。

本当に鉄道を愛しているんだなぁ~、と感動すると共に、職員の方々がかっこよくみえたものだ。Blog105 Blog106 Blog107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »