無料ブログはココログ

« Vol.130 坂祝・西浜松・セメント貨物廃止II ~西浜松編~ | トップページ | Vol.132 菜の花畑を走る養老線 »

2007年3月18日 (日)

Vol.131 静岡鉄道・クモハ20

  土曜日に浜名湖鉄橋で貨物を撮影した後、静岡鉄道を訪問しました。
というのも、静岡鉄道のクモハ20という車両が3月19日(月)から解体作業に入るため、解体前に車両の一般公開をするという情報を数日前に公式HPで見たからです。

このクモハ20、元鶴見臨港鉄道のモハ100型で買収国電の貴重な生き残りだったのですが、1982(昭和57)年に除籍されて機械扱いとなりました。
ここしばらくは、車庫のある長沼で留置状態が続いておりました。

浜松から、この日で東海地区から姿を消す113系に乗車し、東静岡駅まで行きます。
徒歩5分ほどで静岡鉄道・長沼駅へ。

Blog467
長沼車庫に並ぶ静岡鉄道の車両

ステンレス車ばかり並ぶ車庫に1両だけ異彩を放つ車両が・・・。
クモハ20です!

思ったよりも状態は悪く、屋根は崩落している部分も・・・。
そんなクモハ20の横を通り、まずは事務所へ行き記帳します。
事務所の方が「晴れて良かったですね」と声をかけてくださりました。

記帳を終えると、撮影を開始します。

Blog468
Blog469
惜別HMを掲げたクモハ20

じっくり見ると、屋根だけでなく窓枠も崩れた部分がありました・・・。
最期を惜しむかのように、作業員の方々も写真を撮影していました。

乗務員室の扉が開いているので中をのぞくと・・・。Blog471
運転台に飾られた花と「おつかれさまでした」のメッセージカード・・・。

Blog470_1
HMなしの普段の姿での1枚

じっくりと撮影させていただき、事務所へ戻り販売されているグッズを見ていると、事務所の方が色々説明してくれました(営業上手?!)
「これは貴重ですよ~」なんて言われると弱いもんで、思わずたくさんのグッズを購入してしまいました。

それにしても、皆さんの丁寧な対応が印象的で、非常にいい気分で長沼を後にしました。

浜名湖鉄橋での貨物撮影のため、早起きだったので、静岡まで来ようか少し迷っていましたが、来て良かったです!

« Vol.130 坂祝・西浜松・セメント貨物廃止II ~西浜松編~ | トップページ | Vol.132 菜の花畑を走る養老線 »

コメント

TAKUさん、こんばんは。JoJoのタカです。

静岡鉄道には2度訪問していたのですが、このような旧型車がいることは知りませんでした。しかしこうやって撮影会も開いていただき、花束やメッセージカードまで添えてもらえるというのは幸せなことですね。

職員の方々が皆さん鉄道に対する思い入れを持っていらっしゃるのが、地方私鉄の魅力だなと自分は思います。これからもずっとこのような雰囲気を残していってほしいですね。

タカさま、こんばんは。
書き込みありがとうございます!

私も、静岡鉄道というとステンレス車一色のイメージで、このような車両がいる事を結構最近まで知りませんでした。

>職員の方々が皆さん鉄道に対する思い入れを持っていらっしゃるのが、地方私鉄の魅力だなと自分は思います。
おっしゃる通りですね。
今回もそうでしたが、ローカル私鉄を訪問して社員の人に接すると、本当に鉄道を愛しているんだな、という印象が伝わってきます。

解体されてしまうのは仕方がないですが、この車両もこうして見送られるのは幸せな事でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.131 静岡鉄道・クモハ20:

« Vol.130 坂祝・西浜松・セメント貨物廃止II ~西浜松編~ | トップページ | Vol.132 菜の花畑を走る養老線 »

最近の写真

  • Ine03_20200918164201
  • Ine04
  • Ine01_20200918164201
  • Ine02_20200918164201
  • 10101
  • 10102
  • San
  • Omd
  • Himawari05_20200825152801
  • Himawari07_20200825152801
  • Himawari08
  • Himawari01_20200825150701