« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

Vol.219 \1,500で楽しむ湯の山特急+温泉

今日は朝から地元で撮影しようと思っていたのですが、珍しく寝坊してしまいました(汗)

さて、どうしよう?と考え、湯の山特急で湯の山温泉へ行って入浴して来よう!と決めました。
幸い桑名発(10時11分)には間に合いますが、指定券は取れるのかな?と気になりましたが無事に乗車できました。

途中停車駅は四日市だけで、湯の山線内は終点・湯の山温泉まで停車せずに快走します。
車内は、観光客、鉄道ファンで賑わっていました。
観光協会の方からのアナウンスで、今日の御在所山頂は名古屋より約10度低く、札幌と同じ気温との事でした。

10時48分、湯の山温泉駅に到着です。桑名から約35分、あっという間でした。
Blog931
Blog932 Blog930

駅構内はファンで賑わっていました。Blog929
小っちゃなファンも一生懸命シャッターを・・・

車内で配布された記念乗車証を提示する事で、指定旅館で日帰り入浴が無料になるので利用してきました。
天気も良く、露天風呂でのんびり過ごせました。

帰りは普通列車と急行列車を乗り継いで帰ってきましたが、やっぱり直通列車は便利ですね!
わがままを言えば、直通特急で行って、入浴や御在所観光をして、再び直通特急で帰れるダイヤだと良いのですが(^^ゞ

今回は温泉入浴も含めて、1,520円で楽しめました♪
・桑名⇔湯の山温泉 乗車券:1020円(片道510円)
・桑名⇒湯の山温泉 特急券: 500円
・日帰り入浴:無料

~おまけ~
Blog933
四日市停車中に撮影。
最初桑名駅で撮影しようとしたのですが、桑名駅では表示されず、行先表示機の下に板が吊り下げられていました。

Blog934

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.218 7月19日撮影~夕方の部~

夕方、天気も良いので再び撮影に行きました。
まずは北勢線。
Blog925

その後はいつもの場所で504レを撮影しました。
Blog926
ここでは先週に引き続いてMT16さんにお会いしました。

撮影後は山城~保々へ移動し、3719レ・504レを撮影しました。
Blog927
Blog928

MT16さん、写真の現像のお話など色々参考になりました。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.217 7月19日撮影~午前の部~

東海地方も梅雨明けとの事。
三連休初日の19日は天気も良く暑い1日となりました。

先週も撮影した早朝のフライアッシュ貨物から撮影してきました。
Blog921

3710レ・3712レ(セメント貨物)は、きみさんやMT16さんが以前撮影された場所で撮影してみました。

その後、湯の山線沿線へ移動しました。

御在所ロープウェイ開通50周年、鈴鹿国定公園指定40周年を記念して、名古屋~湯の山温泉間での特急列車が夏休みの指定日に復活です。
Blog923
Blog924

ちなみに、湯の山・御在所は、初めて家族で行った宿泊旅行先だったり、学生時代に(観光協会?の)アルバイトで御在所ロープウェイの利用客にアンケート調査をしたり、会社を辞める同僚と行ったりと、個人的に色々馴染みの場所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vol.216 三岐鉄道撮影

今日は天気がよく、とても暑い1日でしたね。
久々に早朝からカメラを持って撮影に行って来ました。

山城~保々で、セメント貨物・フライアッシュ貨物と吊掛車(607F)を撮影しました。
Blog914
Blog915 Blog916 

続いて北勢線へ移動し、眼鏡橋近くのS字カーブで撮影。
ラッキーなことにいきなり200型がやって来ました。

丹生川~三里の定番へ移動し、セメント2便目を撮影しましたが、空は雲が広がり、藤原岳も霞んでいました。
Blog918

まだ8時半過ぎなのですが、この後特に何も考えていなかったので早くも帰宅しました(笑)。

しかし、夕方になり藤原の山の方を見るとやっぱり気になって来たので、まーぼーさんにお誘いメールを送り、504レを撮影に行きました。
現地では、MT16さん(実は顔を合わせるのは初でした!)、三岐鉄道写真コンテストや鉄道ファン誌に掲載された、きみさんにお会いできました。Blog919
肝心の504レは太陽が雲で隠れてしまいました・・・(写真は日陰モードで現像)。

保々での長時間停車を利用して追い抜き、保々~山城へ。
ここでは伊藤さんも混ざって総勢5人で撮影を楽しみました。Blog920

短い時間でしたが、きみさんには写真を見せていただいたり、皆さんとお話したり、とても刺激を受け充実の時間を過ごす事が出来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »