« 墨俣さくらまつり | トップページ | 樽見鉄道で淡墨桜へ② »

樽見鉄道で淡墨桜へ①

Tarumi01
段々と満開だった桜も散りつつありますが、樽見の淡墨桜は先週末がちょうど見頃という事で初めて行ってきました。

桜が満開の時期は、国道は大渋滞、樽見鉄道も大混雑という事でしたが、今回は樽見鉄道利用で行く事にしました。

本来、桜シーズンの特別ダイヤは終了していますが、今年は淡墨桜の満開時期がまだだったので、引き続き桜ダイヤで運行されています。

大垣駅で切符を購入。いまや珍しい硬券です(^^)
Tarumi02

大垣駅へ到着すると、乗車予定の列車は満員御礼m(__)m
次の列車にして下さい、と係りの方がお客さんにお願いをしていました。

1時間後、樽見からの多くの客を乗せたレールバスがやって来ました。
新型の車両です。
Tarumi04
駅員さんも総出で対応していました。

Tarumi03
到着直前には、こんな列車が発車していきました。水都・大垣トレインだそうです。

大混雑の列車に揺られ、樽見へ向かいます。
途中、沿線には桜ポイントがいっぱいありますが、どこも散りつつあって葉が目立ってきています。

大垣から1時間強、終点・樽見に到着です。
Tarumi05
桜をイメージさせる鮮やかなモレラ号が待機していました。

折返しの大垣行きを待つお客さんが長蛇の列を成しており、ここでも乗車制限が行われていました。やはり淡墨桜の混雑恐るべし(汗)

Tarumi06
乗ってきた列車は大量のお客さんを乗せて大垣へ折返すと同時に、モレラ号が次の列車となるべく進んできました。

さて、ここから徒歩15分ほど。根尾川を渡り、屋台などがある道を進んで淡墨公園へ到着です。
いよいよ淡墨桜とご対面(^_^)
Tarumi07

よく、実際見ると思ったよりは・・・、という話を聞きますが第一印象はそんな感じでした(^_^;)
ですが、じっくり見て行くと、樹齢1500年を超える桜。幹が実に力強いです。
Tarumi08

対照的に花は繊細な淡い色。
Tarumi10

予報では怪しかった天気も、雲が多いものの晴れていて、淡墨桜も満開!
大勢のお客さんで賑わっていました。

|

« 墨俣さくらまつり | トップページ | 樽見鉄道で淡墨桜へ② »

東海三セク(非電化)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168947/51421456

この記事へのトラックバック一覧です: 樽見鉄道で淡墨桜へ①:

« 墨俣さくらまつり | トップページ | 樽見鉄道で淡墨桜へ② »