« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

津山・扇形庫を訪ねて

100726

伯備・津山旅行のつづきです。

早朝の津山線を楽しんだ後は、津山の扇形庫の見学へ行きました。
「旧津山扇形機関車庫と懐かしの鉄道展示室一般公開」として、年に月に数回公開されています(事前申し込み制)。

受付をすませ、係りの方から説明を受けた後でいよいよ構内に入ります!
100721
立派な扇形庫と転車台が目の前に広がっています。
ここの扇形庫は17線あり、梅小路蒸気機関車館に次いで第2位の規模だそうです。

まずは、転車台のデモンストレーションが行われました。
その後は構内を自由に見学できました。
100723 100722
渋い車両が並んでいます!
かつて大糸線で見たキハ52にこんなところで会えるとは(^^)

100724
左のDE50は1両しか製造されなかったそうで、写真ではわかりにくいですが、DD51とDE10を足して2で割ったような車両でした(^^;)

構内には資料が展示された建物もあり、そちらも見学することが出来ました。
100729
小さな扇形庫もありました(^^)
資料展示ではOBの方が丁寧に説明をしてくださいました。

それにしてもよいお天気!
100725
扇形庫とわかるように思いっきり広角で(^^)

あっという間に見学時間の1時間半が過ぎました。
100728 100727
実に味のある光景です。
(この構図はMくんの視点を思いっきり真似しています^_^;)

さて、楽しんだ2日間。これにて帰路に・・・
いえいえ、まだ帰りませんよ!

わざわざ扇形庫の公開日が第一日曜日と重なるの日を選んで来たのはここへ行くため!
100731

| | コメント (6)

多度川に気まぐれネコ現る

102706

土曜日、三岐貨物を撮影した後は、今月末までの5周年記念の板付き車両を撮ろうと養老鉄道の多度川橋梁へ来ました。

下り列車がやってくるのを待ちます。
すると、ふらりとネコが登場。
102707
目が合った瞬間(^_^;)
ネコは目を合わせると固まることが多々あります(笑)

臆病なようで、近づこうとすると少し距離を取りつつ離れてしまいます。
少し離れると、またある程度の距離を保ちつつこちらへ。

こちらも動く気配を見せなかったので、安心したのか猫はその場所で座り込みました。
ちょうど橋梁の手前で、構図にも入って面白そう(^_^)
せっかくの板も撮りたいところですが、ネコをメインに選びました(^^)

・・・が!ずっと座っていたのに列車通過寸前にトコトコ離れていきました(^^;)
しかも、来た列車は“こどもの国号”の板付きでした(ToT)
どちみちこちら側は正面に日は当たらないといえ、ネコはいない、板もわからないただの広角カットになりました(気まぐれネコさんは1枚目の写真右側、橋梁の影の辺りに写っています^_^;)

102708
その後、“フルーツライン”の板付きは対岸からキャッチしました(^^)
青空が綺麗です。

多度川橋梁もこうやって見ると煉瓦の橋脚が味がありますね。
土曜日はこれにて終了。

日曜日はあいにくの雨でしたが、出がけに少し。
並びなら単純に確率は上がるだろうと待っていると・・・
102801
運よく開業記念板付きが並んでくれました(^^)

続いての並びは通常の自治体板並びだったので雨の光景を入れてパチリ。
102802
右の車両にピントを合わせるべきが、左の車両に合ってしまいました(^^;)

これにて養老鉄道の5周年記念関係の板付き列車の撮影は最後になりそうです。

| | コメント (12)

朝陽を浴びて

102702
朝日を背に東藤原へ向かう白ホキ貨物

土曜日は快晴の予報。
日曜日は雨予報なので(予報どおりでした(^_^;))、撮影もサイクリングもしておこうと早朝から自転車を車に積んで出動しました。

早朝の白ホキが日の出頃に保々を出るので、朝焼けや朝日と絡めて撮れないかな?と向かうと、白ホキの姿ナシ。
ということは富田から来るはずなので、待っていると来ました。
102701

追いかけている間に、日が昇ってきました。
空が霞んでいるのか、輪郭がはっきりしていました。

2発目は三里~丹生川へ。
朝日が白い貨車の側面に反射した様子を撮るか、朝日をバックに入れて撮るか迷いましたが後者を選択。

私の腕では写真で表現できていませんが、このときの朝日を背に向かってくる貨物列車は本当にかっこよかったです。

最後にもう1発。
102703
側面にしっかり朝日を浴びています(^^)
いや~、早起きした甲斐がありました。

ここからセメント2便が来るまで2時間近くあるのでサイクリング開始です(^^)
この時間は少し寒かったですが、両線の沿線を周りながらのんびりサイクリングをして戻ってきました。

先週も撮影した、一区画だけの稲田がまだ残っていました。
ここで待つことにしました。

青空ヨシ!山ヨシ!稲穂ヨシ!
102704
貨車ナシ!でした(ToT)
朝のセメント1便をあるものと思い込んで確認しませんでしたが、どうやらなかったようですね(^^;)
それでもこの風景は最高ですね!

その後は養老鉄道沿線へ行き、少し撮影して終了しました。
102705
10月27日の走行記録
走行時間:1時間41分01秒
走行距離:31.24km
平均速度:18.5km
最高速度:35.3km

| | コメント (10)

建部越え

100701
タラコ編成の快速ことぶき・津山行き

歴史ある木造駅舎の建部駅を味わった後は、やってきた岡山行きに乗って一駅先の金川駅へ向かいました。
乗ったのはJR西日本のグレーとタラコの2両編成でした。

この区間は峠越えをします。
とても乗りごたえのある区間で、ディーゼルカーがエンジンを唸らせ駆け上っていくのを味わえました。

100717
金川駅到着。津山行きと交換します。

駅から少し歩いたところにある鉄橋へ行ってみました。
綺麗な青空でしたが、残念ながら線路にはまだ陽が当たっていませんでした。
仕方ないかと諦めていたら、列車通過の2分前くらいに当たり出しました!

そして、岡山行きの列車がやって来ました。
100718
グレーのキハも格好いいです!

そして、すぐに金川駅で交換する津山行きの快速ことぶきが来るのですが・・・
タラコ編成でした!朝日を浴びて走る姿はかっこよすぎです(^^)

これにて宿に戻らないといけないので撤収です。
沿線では2本しか撮れなかったので、1本がタラコ編成でラッキーでした(^^)

金川駅から津山へ戻ります。
100719
乗るのは左の列車。ここで快速ことぶき・岡山行きと交換でした。

さすがに早起き、津山への道のりはほとんど寝てしまいました(^^;)
8時30分、宿へ戻って朝食を済ませてチェックアウト。

10時から公開となる津山の扇形庫へ向かいます!
100720

| | コメント (6)

明治時代の木造駅舎

100710
明治33年開業時からの駅舎が残る津山線・建部駅。


少し間が空いてしまいましたが、伯備線・津山線撮影の続き、いよいよ2日目です。
早朝に宿を抜け出し、少し津山線に乗ってみることにしました。

駅へ行く前に、この日の午前中に見学する扇形庫を外から覗いてみました。
後でゆっくり見学するのですが、夜の雰囲気もいいかな?と思い行ってみるとなかなかいい感じでした(^^)
100708
渋い気動車たちが佇んでいました。

津山駅へ向かいます。
津山線の始発はなんと4時29発!早いです(^_^;)
100709
これは乗る列車ではなく、ホーム挟んで扉を開けて待機している小さな気動車が始発列車です。

向かうは建部(たてべ)駅。
明治33年の開業時からの木造駅舎があり、先日テレビ番組でも国の文化財として指定・登録されている現役駅舎古さランキングで1位として紹介されていました。

えらい早い始発列車だな~と思いましたが、車内は思ったよりも多くのお客さんが乗っていてビックリしました。

約40分で目的の建部駅に到着しました。
まだ辺りは真っ暗ですが、渋い駅舎で気ままに写真を撮ったり、のんびりとした夜明け前の時間を過ごしました(^^)
100712 100711 100713

段々と夜が明けてきました。
100714
穏やかな朝焼け。前日とは違って快晴のようです(^^)

100715_2
ふと柱を見ると、歴史ある駅舎であることを示すものが・・・。

6時19分、本日2本目の列車がこの駅にやってきます。
100716
古い駅に渋い気動車は似合います。
時代を錯覚してしまいそうですが、スマホ片手に待つ少女の姿は現代そのものですね(^^)

| | コメント (4)

Series ZERO

102202
今から約13年前の1999年9月11日(土)。
高校生だった私は桑名から快速みえに乗って名古屋へ向かいました。
目的は1週間後に東海道新幹線から引退する0系を見に行くことでした。

あれから13年。
リニア鉄道館で鉄道の日関連イベントとして、展示されている0系に当時のラストラン装飾がされました。
懐かしさもあって、是非見てみたかったので、最終日の22日に行ってきました。

リニア館はこれで3回目です。
今回は0系が目的なのでリニア展示の見学もそこそこに0系の元へダッシュ(笑)
102204
といいつつ写真はしっかり撮っています(^^;)

さぁ、メインの展示スペースへ入ると・・・!
102203
おおっ(汗)
13年前に見た装飾!懐かしいです(^^)

100系との並びです。
102206
自分が子供の頃の新幹線といえばこの2形式。優しそうな0系とカッコいい100系。
団子っ鼻の0系、やっぱりこれぞ“THE SHINKANSEN”ですね(^^)

102208
0系、100系、300系試作車、300系の並び。

上からも撮影してみました。
102205 102207
やっぱり0系はいいですね(^^)
途中、汽笛吹鳴があり、力強い音色を聞くことが出来ました。

もちろん他の展示も見てきました。
102209
あれ、名古屋駅にドクターイエローが!?

最後はミュージアムショップでついつい0系のダイキャストモデルを買ってしまいました(^^)
102211
ちゃんとリニア鉄道館の展示車両の車番(21-86)になっています。

家にあるもう一つの展示車両と並べてみました(笑)
102212_2

夕暮れのリニア鉄道館。
102210
懐かしいラストラン仕様の0系に会えて大満足でした(^^)

さて・・・13年前に撮った写真が出てきました(^^)
102201
当時は写真なんてほとんど撮ったこともなく、単なる駅で撮ったど下手な写真ですが、懐かしい写真です。

ちなみに当時撮ったカメラも出てきました。
102213
最近はデジカメ主流ですが、こういったコンパクトのフィルムカメラってまだあるのでしょうか??


〆は0系の汽笛吹鳴動画です(^^) ※音量注意

| | コメント (8)

秋を探して養鉄沿線ポタリング

102001

土曜日は用事があったのですが、移動の合間にブログリンクのひらいさんが教えてくださった養老鉄道のコスモス畑へ行ってきました。
小規模ですが、綺麗に咲いていました(^^)
ちょうど上下1本ずつ撮ることができました。

帰り際、近くの踏切でカメラを構えた方が見えたので、きっと何か看板つきの車両が来るはず・・・!と桑名の踏切で待っていると、薬膳列車がやってきました。
102002

日曜日は三岐沿線で撮影した後は、養老鉄道沿線をポタリングしてきました(^^)
車に自転車を積んで、木曽三川公園をスタート。
養老鉄道の線路沿いに走ります。

美濃山崎の近くでは、柿畑が広がっていました(^^)
102106
柿畑と絡めて撮影する場合の注意点はただ一つ・・・!
柿ドロボーと間違われないように不審な動きをしないこと(笑)

美濃山崎付近までは線路沿いを走ってきましたが、ここからは国道沿いに走ります。
道の駅・月見の里南濃で水分補給です(^^)
102105
やっぱりこれですよね!?

ここからは駒野まで行き、川沿いに木曽三川公園まで戻っていきました。
30kmにあとちょっと満たなかったです(^^;)

帰り際に、前日も撮影したコスモス畑へ再び行きました。
102107
狙うはこれ!ラビットです(^^)
ちょっとコスモス畑のボリュームは少ないですが、この組み合わせで撮れてよかったです。

せっかく10月中はHMがついているのですが、やっぱり風景を重視しちゃいます(^^;)

10月21日の走行記録
走行時間:1時間25分59秒
走行距離:29.25km
平均速度:20.4km
最高速度:37.3km

気候もいいこの期間にもっと自転車頑張らないと(^^;)

さて、昨日帰宅すると、9月に応募していた養老鉄道関係の写真コンテストの入賞通知が届いていました!
表彰式は来月の養老改元1300年祭で行われるとのことで、その後は養老鉄道の車内でも展示されるようです(^^)非常に嬉しいです!

| | コメント (10)

Autumn Collection

この週末は好天に恵まれました(^^)
スッキリ澄んだ秋晴れ・・・というよりはちょっと暑めで少し霞み気味でした。

このところ遠出が続いておりましたが、今週は地元でノンビリ過ごしました(^^)
昨日は朝から昼過ぎまで自転車を車に積んで出かけました。

秋景色を探して・・・
102101
すっかり稲刈りも終わっている中、一区画だけ稲が残っていました。
重そうな稲穂。収穫は間近のようです。

102102
柿がおいしそうに色づいていました(^^)

102103
ちっちゃな電車も可憐なコスモスの横では大きく見えます!

102104
お茶の木と柿の木の向こうを黄色い電車が走って行きます。

結局ここまでは自転車の出番はナシでした(^^;)
このあと木曽三川公園まで行き、そこから養老鉄道沿いにポタリングしてきました。

| | コメント (6)

キいろいヤつが帰って来た!

101901

木曜日の朝に関西本線を下っていったキヤは金曜日の夜に戻っていきました。
ちょうど帰宅時に撮れそうだったので、カメラ持って出勤(^_^;)

さて、問題はどこで撮るか?
夜間なので基本的には駅撮りになってしまいます。
関西本線というのがわかるように撮りたいな・・・と考えて思い浮かんだのが弥富駅。

“地上で日本一低い駅”の看板と絡めて撮れば弥富とわかるし、横に名鉄の車両が入ればバッチリ!
ダイヤを調べると、ちょうど名鉄は横に停まっている時間帯。
あとは看板とキヤの停車位置がどうなるかですが、こればかりは現地での流れに任せるしかありません。

結果としては、頭で思い描いたとおりになりました(^^)

階段からも撮ってみました。
101902

ここでは通過の快速みえと交換するために少しの間停車するので、向かいのホームから編成写真を撮っておきました。
101903
手持ちで感度も上げているのでちょっと画質は荒いです(^^;)

この後、永和駅での退避中にもう1回撮影しました。
101904
検測のためか、レールが照らされていました。

この後、名古屋に向けて出発して行きました。
普段見られない車両は面白いです(^^)

| | コメント (4)

キいろいヤつがやって来た!

101801
キいろいヤつ→略してキヤ・・・ではありませんね(^^;)

木曜日の朝、ドクター東海ことキヤ95が地元関西本線にやって来ました!
早起きは眠たいし、天気も雨っぽいし・・・と言い訳をつけて、まあ起きれたら行こう・・・と寝ましたが、早起きできてしまったので(笑)、出勤途中で撮影してきました。

地元ポイント・白鳥信号場へ。
先週土曜日は稲が残っていましたが、毎朝通勤中に見ていると稲はなくなっていたのでどうやって撮ろうかな?と思いましたが、ちょうど稲藁の三角帽子が(^^)

101802
まずは凸重連の貨物列車が通過です。
そのすぐ後を追ってドクター東海はやってきました。
ちゃんと撮るのははじめてかも?

101803
白鳥信号場で少しの間停車するので、近くでもう1枚。
4つのライトが眩しかったです。

幸い撮影中は雨にも降られずにすみました。
さて、まだまだ追いかけますか!
・・・?いえ、ちゃんと仕事に行きました(^^;)

| | コメント (6)

ほろ酔い、タラコ

100622

伯備線から移動し、宿泊先の津山へ到着。
チェックインしてから、少し歩いて居酒屋へ向かい、ビールとおつまみをつまみながらの反省会?
ほろ酔い気分で宿へ戻ります。
100626
津山駅の前を通ったとき、ふと構内を見ると・・・
タラコ色の気動車が!酔っているのも忘れてダッシュで構内へ走ります(^_^;)

100621
夜の駅にたたずむタラコ色の気動車・・・渋すぎ(^^)
後ろには翌日行く予定の扇形庫も見えていました。

100623
夜の駅にこの色がとても似合っている気がします。
21時52分、姫新線・中国勝山へ向けて発車するこの列車が津山駅発の最終列車です。

100624
夜のヤードに照らされた気動車たち。

最終列車は行きましたが、津山駅に到着する列車はまだまだやってきます。
到着→ヤードへ転線が繰り返され、なかなか賑やかです。

ちなみにこの駅にやって来る最終は岡山から来る列車の0:42着。
始発列車は岡山行き4:29発。夜は遅く、朝は早い駅です(^^)

100625 100627
津山駅をあとにして宿に戻り、初日は終了です(^^)

| | コメント (11)

突然現れたタラコ!

100619

伯備線の撮影をほぼ終え、最後に大山バックに撮影して宿泊する津山へ戻るつもりでのんびりと戻っていきました。
さすがに日が変わってすぐの出発、早朝からの撮影で疲れも出つつあったのですが、ふと線路の方を見ると一気に眠気も飛んでしまいました・・・
100618
DE10+キハ47のタラコ色!なんじゃこりゃ!?
(これは車の窓から慌てて撮ったものです^^;)

気づいたら方向転換、この列車を追いかけていました(^^;)
追いかけるといっても、この列車は超のんびりスピードで走っており、途中の駅でも交換待ちをしていたようです。

最後は貨物を撮った鉄橋に戻ってきました。
すでに夕方、曇りで暗かったのですが、さらには雨まで降ってきました(ToT)
いつくるかも不明の中、それでもしばらく待っているとやって来ました!
100602
渋すぎる組み合わせに大満足!
津山へ向かう車は疲れも吹っ飛び気分は上々でした(^^)

ちなみにこれ、米子の方にある工場から岡山への検査上がり?の回送だったようです。

| | コメント (8)

伯備の三岐

伯備線シリーズの続きです。
やくも号、EF64貨物と撮影しましたが、合間には普通列車もやってきます。
どんな列車が来るのかわからず楽しみに待っていると・・・
100615
2両編成の黄色いやつが通過・・・なぜだか親しみを感じます・・・?

Mくんの一言「三岐やん(笑)」。
なるほど、確かに似ている気が(^_^;)
どうりで親しみを覚える訳です(笑)

これ以降、この車両が来ると「さんぎ」と呼んでいました(^_^;)

100616_3
これはなつかしのやくも号がやって来る直前に通過した「さんぎ」さん。
ここでシャッターを連写中にバッテリーがダメになりました(ToT)
「さんぎ」さんには悪いですが、なつかしのやくも号の時じゃなくて良かったです(^^;)

ちなみに、ちょっと締りのない顔をしていますが(失礼^_^;)、逆側は凛々しい顔をしています。
100620 100617

やくも、EF64、「さんぎ」さん・・・もとい115系と色は変わっているものの、国鉄型ばかりが活躍している伯備線はなかなか熱いです(^^)

一通りの撮影を終えて、大山バックに撮影しつつ、宿泊する津山へ移動することにしました・・・が、ここでサプライズ車両が登場し再び追いかけることとなりました(^_^;)

| | コメント (8)

600歳!

101413

以前から紀勢線でローカル色車両の単行を撮ってみたかったのですが、日曜日は久々に運用に入りそうだったので行ってみました(^^)

右側の大きな木は、“前村の大楠”と呼ばれる、なんと樹齢600年とも言われるクスノキです。

早朝で少し暗かったですが、単行のローカル色が軽快に走り去っていきました。
ちなみに、なぜこの場所を選んだかというと高速のインターから近いからです(^^;)

このまま紀勢貨物も待つことにします。
前日の土曜日が原色機だったので、2日連続で原色機は来ないだろうと思い込んでいたら・・・
101414
なんとビックリ!原色機がやって来ました!
週末2日連続なんて珍しいのではないでしょうか。

せっかくの原色機なのでここまで追いかけてみました。
101415

これを撮影したらとんぼ返りでした(^^;)
ちょっと無理し過ぎですが、紀勢貨物も撮れる時に撮っておかないと・・・。

| | コメント (6)

濃尾平野秋景

101301

土曜日の朝は先週に引き続き養老鉄道の秋景色を撮影して来ました。
その前に、白鳥信号場近くで凸貨物を撮影。
ここも稲刈りがだいぶ進んでいて、稲が残る区画も減ってきました。

養老鉄道へ移動。
先週同様美濃高田付近へ様子を見に行きますが、狙っていた場所は既に刈り取りが終了していました。
とりあえず、“さくら号”の板付きが来るので養老の山をバックに撮影しました。
101302

先週撮影した場所と逆側はまだ稲が残っている区画がありました。
101303 101304
こちらは側面に日が当たりませんが、重そうに垂れた黄金色の稲穂がいい感じです(^^)
ここも稲刈りがはじまっており、この区画も撮影中に刈り取りが行われていました(ここは手で刈り取っていました)。

烏江寄りの区画はコンバインでの刈り取り作業が盛んでした。
ちょうど列車が来たので絡めて1枚。
101305
なかなかいい位置に来てくれました。

この“さくら号”、桑名寄りは幌枠つきで格好いいので美濃津屋の直線で撮影しました。
101306

その後は、東員へ行きお盆以来サボっていたのでプチサイクリングしてきました(^^;)
101307

101308
コスモス畑が満開でとても綺麗でした(^^)

せっかく気候がよくなっているのに、ちょっとサボり過ぎ(^_^;)
もっと少し頑張らないと・・・

10月13日の走行記録
走行時間:46分20秒
走行距離:14.53km
平均速度:18.8km
最高速度:30.9km

| | コメント (10)

鉄道の日・敦賀へ!

今日は鉄道の日。
明治5(1872)年の今日、新橋~横浜間に日本初の鉄道が開通しました。

そんな今日はドライブ予定でしたが、早起きしたので予定の前にふらりと(にしては遠いのですが(^_^;))紀勢本線を撮影に行くと、紀勢貨物が原色でした(^^)
昨日が原色だったので、来るとは全く思っておらずビックリでした。

で、ドライブ先は決まっていなかったので、海鮮丼を食べに行くということで敦賀へ!
でも目的は・・・
101401_2
これでした(笑)

敦賀駅から無料シャトルバスで移動します。
駅からは結構離れていました。
101402

記念入場証をもらい、会場に入るとまずは電気機関車がお出迎え。
101403

さらに進んでいくと、ラッセル機関車が見えました。
101406

そしてメインとなる検修庫の方へ行くと・・・
101411
トワイライトエクスプレスと日本海のEF81が展示されていました。

101404_2 101405

検修庫の中では展示車両の中に入ったり、車両部品や機器の展示や見学ができました。
101407
こういうのは社会見学みたいで楽しいです(^^)

101410
今回見たかった車両のひとつがこれ!

101409
いや~、格好いいです!
車内にも入れたので、席に座ってゆっくりしてきました(^^)

101408
ラッセルの機関車も展示されていました。

こじんまりした感じでしたが、家族連れや鉄道ファンの方にも楽しんでもらおうという気持ちが伝わってきて良かったです(^^)
以前はこういったイベントはあまり行きませんでしたが、最近は各社それぞれの内容やアイデアを見るのが楽しいのでちょこちょこ足を運んでしまいます(^^)

あ、ちゃんとメインの目的も忘れませんでしたよ(^^)
101412

| | コメント (6)

凸だより

昨日は凸原色づいていた1日でした(^^)

101201
まずは昼のコンテナ便と入換中の港便の並びです。
ここでは撮影中の南野さんとお会いしました(^^)

愛知機関区の原色凸も減っている中、2台の並びが見れてラッキーでした(^^)

そして、夜には久々に重連仕業に入っている原色機が先頭になるフライアッシュ便を撮ってきました。
101202

コンテナ貨物と交換します。
101203

こちらは5日の晩に伯備線へ行く前に四日市駅で撮影。
100501
凸+タキ×4。こういうNゲージ入門セットみたいな編成もいいですね(笑)

| | コメント (8)

伯備を走る牛乳パック?

100611
山陰地方特有の赤茶色の屋根の家をバックに64貨物が走っていきます。

伯備線では特急やくもの他にもEF64の貨物列車も走っています。
いまや貴重な0番台も見ることが出来ます。

早朝、伯備線沿線に到着すると、いきなり貨物列車がやって来ました。
100613

少し待つとまたまたやって来ました。
100614
信号機がちょうど空荷のところに入ってしまいました(^_^;)
どちらも0番台ではなくてちょっと残念。

そして、午後の上り貨物を高台の上で待っていると・・・またまた1000番台(^_^;)
途中で停車を繰り返すので、追い越すことが出来ます。
100612
1000番台、更新色とはいえ、国鉄型の機関車が風光明媚な路線を走るのはたまりません(^^)

それにしても、誰がつけたか“牛乳パック”。うまいネーミングを考えたものです(^^;)

| | コメント (0)

伯備路を駆け回る“ふりこ特急”

100601

週末の鳥取・岡山方面撮影旅行シリーズのはじまりです。
しばらく続きますがお付き合いを(^^;)

今回の旅行は約1年前に同僚Mくんと津山の扇形庫へ行こう!というところからはじまりました。
あいにくその時点で年内の公開日があと少しだったため、今年の公開日が発表になるのを待ち、10月の三連休にあたる7日に行くことに決め、貴重な伯備線のEF64 0番台の貨物を狙うのもセットにしました。

申し込みをしたあとで、前日に国鉄色のやくも号(なつかしのやくも号)が走ることもわかったので、もちろんそれも狙うことにしました(^^)

日付が6日になってすぐに四日市を出発→一路伯備線沿線を目指します。
翌朝、到着するとあいにくの曇り空でしたが、早速やって来る64貨物や特急やくも号にテンションが上がります(^^)

100603
やくも号に使われる381系はカーブの多い伯備線でも速度を出せるように、振り子装置が装備されていて、カーブでは高速で車体を傾けて通過します。
メインの国鉄色やくもはそれがわかるようなカーブで撮りたいな〜と事前にリサーチした場所は、カーブ・鉄橋・トンネルと揃った場所でした。

到着してしばらくするとサンライズ出雲が通過していきました。
100604
明るいときに見たのは初めてかもしれません。

その後も定期のやくも号がバンバン駆け抜けていきます。
100610_3 100605

思ったよりカーブでの傾斜とバックのトンネルがわかりづらかったですが、メインのなつかしのやくも号は薄っすらですが陽も差してくれて満足の行く出来になりました(^^)

その後も、やくもは本数が多いので何回か撮影することが出来ました。
100606_2
S字カーブをやって来たやくも号。
同じやくも号でも色々な顔の車両がいます。

100607
山間の鉄橋を高速で駆け抜けます。
この色合いも似合っています(^^)

スッキリしない天気とはいえ、やっぱり風景の中を行くカットも撮りたかったので、最後は川を大きく入れてショット。
100608
国鉄色はもちろんですが、ピンクのやくもも格好いいです!

さて、今回の旅行のために予備バッテリーを購入し、充電→装備して行ったのですが、国鉄色やくも号の1本前の電車を撮影中に死亡(ToT)
これが1本後だったら・・・と思うと恐ろしいです(汗)
ちなみにバッテリーは無事交換となりました。

| | コメント (4)

養鉄秋景色

100805
伊吹山をバックに黄金色の稲穂の向こうを列車が走っていきました。

三連休最終日、七和でつけめんを食べるという大切な用事(笑)があったので家を出ましたが、あまりの天気の良さにカメラを持っていきました。

三岐の彼岸花を撮るつもりで多度の辺りまで来ましたが、思いつきで進行方向を養老方面へ変更!
辺りは稲刈り直前の黄金色の稲穂が眩しく広がっていました(^^)

100803
澄んだ青空と広がる田園、広角で狙うしかないでしょう(^^)

100806
この辺りの稲は北勢地域より稲刈りが遅かったですが、いよいよ稲刈りピークを迎えていました。

100807
秋らしい風景を撮ることができました(^^)

| | コメント (4)

碧の湖面のシンメトリー

092913

高山本線撮影も下原ダムでの撮影で最後です。
バックは一面緑の木々で、水面が穏やかなときは実に綺麗な水鏡を見ることが出来ます。
092909

092910

サイドから撮れる場所で、どうせ編成全部は入らないのでと流してみました。
092911
カメラは三脚に固定、AIサーボAFで狙います。

お!結構いい感じ!?と思ったら横で撮られていたtama.さんはもっと遅いシャッタースピードでバッチリと決めていました(^^)

092912
上の写真の通り、橋梁の半分くらいは塗装作業中でした。
おそらく今は綺麗な緑色になっているものと思います(^^)

最後に旧ローカル色先頭の編成を撮影して終了することにしました。
どんどん暗くなっていき、条件も厳しくなってきました(^_^;)

感度はあまり上げたくないな・・・流しは失敗したら終わりだしな・・・
ということで、少し感度を上げて、シャッタースピードも極力上げて流し撮りしてみました(^_^;)
ビビリの自分らしく中途半端な感じです(笑)

顔の部分はピントが怪しいですが、まあ良しとしましょう(^_^;)

撮影終了する頃にはタイミングを見計らったかのようにポツポツ雨が・・・。
ということで、帰路につきました。

当日ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました!
次回は・・・どこへ行きましょう?(^^)

| | コメント (2)

写真の秋!

この三連休は色々と撮影してきました(^^)
写真はまだ整理中につき、またボチボチと記事にしていきます。
とりあえず、ダイジェスト版?です。

土曜、日曜は同僚Mくんと約1年前から企画していた津山扇形庫見学へ行ってきました。
ちょうど申し込んだ前日の土曜日に国鉄色のやくも号(なつかしのやくも号)が走るということで、はじめての伯備線へも寄ってきました。

100601
カーブで車体を傾かせて走る国鉄色のやくも号。

日曜日は津山の扇形庫へ!
100702

幸せの黄色い気動車も見てきました(^^)
100704
すぐ近くでは鉄道写真家の山崎友也さんが撮られていました(^^)

100703
ZZZ・・・

さすがに鳥取、岡山は遠い(^^;)日付が変わって今日になって無事帰宅。
そして今日は出かけついでに秋の光景をパチリ。
100803
いよいよ遅い品種のものも稲刈りがはじまっていました。
それにしても心地よい青空。

昼食後には北勢線の彼岸花をのぞいてみました。
100801
100802
お!黄色と黄色の対決!?

夕方は人のお迎えに新幹線ホームへ入場(^^)
100804

芸術の秋!写真の秋!!ということで、色々撮って充実の三連休でした(^^)
でもさすがに疲れました(^^;)

| | コメント (11)

景勝地・飛水峡

092906
高山線撮影の続きです。
坂祝カーブで撮影したあとは、飛水峡へ行きました。

高山線随一の景勝地でもある飛水峡では、険しい岩場と鉄橋を渡る列車を入れて写真を撮ることができます。
立ち位置は無数にあり、可能性無限大の撮影地です(^^)

092907
足場が悪くて、結構危険なところもあるのでお気をつけを(^^;)

春には桜、初夏にはイワツツジも咲き、秋にはバックの山も色づくので季節通して楽しめる場所です。

ここで皆思い思いに撮影したあとは、道の駅での昼食を挟んで(ハムカツ旨かった~)、最後の撮影場所・下原ダムへ向かいました。
092908

さて、この記事アップしてこれから出発!明日の晩まで撮影旅行へ行ってきます!
どこへ行くかは・・・お楽しみに(^^)

| | コメント (0)

19XX 養老線

100402 100404
かつて(1980年代~90年代ごろ?)の養老線には“こどもの国号”や“さくら号”といった愛称列車が走っていました。

懐かしい写真が出てきました。
撮影したのは十五年以上前でしょうか・・・・・・え?昨日??

失礼しました(^_^;)
養老鉄道では開業5周年を記念して、なつかしのHMを付けた車両が走っています。

昨日の出勤前に撮影に行ってきました。
何本か待っていれば来るだろう、と安易に考えていましたが・・・。
100405
まずは従来からの自治体HM・池田町。
正面に強烈な朝日を浴びています。運転士さん眩しいだろうな(^^;)

さて、このあとが海津市→桑名市ゆめはまちゃんとやって来て、わざわざ来たのに撮れないか!?と最後の1本を待つと・・・
100406
5周年HMの車両がやってきました。

あわよくば彼岸花や秋の風景と絡めて・・・と思ったのですが、うまいこと絡められませんでした(^_^;)
それにしても、三岐80周年のときもそうでしたが、HM付きの車両の撮影は苦手です。
HMがわかるようにするには車両を大きく撮らないといけませんが、どうも風景を入れたくなってしまうし、車両だけ大きく撮るのが苦手で・・・。

結論、そういう場合は駅撮りが一番!
100401_2 100403
会社帰りに多度駅へ寄って撮ってきました。
1本目はまたまたゆめはまちゃんでしたが、2本目がこどもの国、3本目がさくら号と短時間の滞在で上出来でした(^^)

昔の近鉄を思い出させるマルーン1色に愛称板の組み合わせは最高ですね。
それにしても、日常の姿がいいとか言いつつこういうのを撮りに行く自分はつくづくミーハーというか何というか・・・(^_^;)

| | コメント (2)

全員集合!坂祝カーブ

092902

さて、土曜日の撮影に戻ります。
木曽川橋梁を行く太多線を撮影したあとは、Kさんと合流→難読駅名・坂祝(さかほぎ)から少し鵜沼よりにあるカーブへ行きました。
ここでnakaさんも合流し、ようやく全員集合です(^o^)

ここ“坂祝カーブ”は高山線の中では比較的岐阜寄りの区間で、山間を行くイメージを出せる場所です。
092904
なが~いワイドビューひだがやって来ました!

ここでは5人が上からや下から、はたまたトンネル抜きなど思い思いに撮影しました。
先ほど木曽川橋梁で撮影したローカル色キハも帰ってきました。

下で撮影されていた方がみえて、次のワイドビューひだは編成が長いと教えてくれました。
092903
確かに長い!編成が入りきりませんでした(^_^;)

092901
下には秋らしく彼岸花も咲いていました(^^)

ここ坂祝カーブは昨夏ローカル色キハをはじめて撮影した場所で、5年前にはセメント貨物の最終列車を撮影したこともありました。
092905
懐かしくなって画像を探してみました(^^)
2007年3月16日 東藤原からのセメント輸送最終列車

| | コメント (6)

川のほとりの小さな駅

Taita01

1ヶ月くらい前に太多線の木曽川橋梁を渡る列車を撮影しました。
昨日は今渡ダムをバックにこの鉄橋を渡る列車の写真をアップしたので、流れでこちらもアップします(^^)
場所は土曜日撮影した場所の対岸になります。

この橋を渡ってすぐのところに無人駅があります。
Taita02

ホームに上がると、木曽川を渡ってくる列車を見ることが出来ます。
Taita03 Taita04
昭和3年に架けられた歴史ある鉄橋だそうです。

Taita05
日も沈み薄暗くなった駅に佇むローカル色の列車です。

| | コメント (0)

ダムをバックに

093013

下麻生駅近くで撮影したあとは、太多線に寄り道です。
今渡ダムの施設をバックに木曽川橋梁を列車が渡る場所へ。
バックに山も入ってなかなかいい感じです。
ただ、この橋梁の左側(多治見側)はトラス橋なのですが、ここからは見えませんでした。

こちらも旧ローカル色を挟んだ4両編成でした(^^)
水鏡になれば言うことなかったのですが(^^;)

こちらはキハ11の3連。
093012

| | コメント (0)

ベロマガリ〜三岐線編〜

093002
三岐線の丹生川近辺も彼岸花が数多く咲いていました。

093006
まずは白いラッピング列車。

続いて少し移動して待っていると、hirorinさんが来られました(^^)
093007_2 093008
今いる場所の上空は厚い雲がかかっていますが、向こうのほうは少し明るかったです。

続いては藤原岳バックの定番の直線で。
093009 093010
藤原岳も薄っすら見えたときもありましたが、あっという間に雲に隠れてしまいました。

このあと、昨日の高山本線撮影のときにKさんに教えてもらった場所へ行こうと思いましたが、先に行っていたtama.さんより残念な情報が(ToT)
ということで、三岐線での彼岸花撮影はこれで終わりです。

なんだか面白みのない写真ばかりになってしまいました(^^;)


さて、昨日はこのあとの北勢線で流し撮りが素晴らしいとある方に“回転流し”なるものを教えてもらいました(^^)
いとも簡単にやって見せてくれましたが、家に帰ってチャレンジしてみたら難しい!

ジェラワットさん大暴れで外にも出られないので、一人部屋でカメラ片手にぐるぐるぐるぐる・・・
家族はどう思ったことでしょうか(笑)

093011
中心がブレずに綺麗にピントが合うまでは行ってませんが、なんとなくわかってきました(^^)

朝は台風が過ぎ去った場所でも強風とか影響があるところがあるかもしれませんので、皆さんお気をつけ下さいね。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »