« 身をゆだねて | トップページ | Shimakaze Festival »

迫り来る工場

Koujou
復活したこの区間、久々に乗ってみました。

沿線ののどかな風景から一転、車窓にはセメント工場が広がり、さらには設備の下を線路がくぐり、乗っていて迫力があって楽しい区間です。
夜乗ると、また違った感じで楽しめるのかな?

岳南鉄道に乗ったときもこんな感じの場所があったので思い出してしまいました。

|

« 身をゆだねて | トップページ | Shimakaze Festival »

三岐鉄道」カテゴリの記事

コメント

いい景色ですね~。思わず書き込み。
左端にブレーキハンドルが見えるのも良いです。運転士さんの緊張感が伝わってきます。

これを見て個人的に思い出したのは西濃鉄道です。斜めに走るパイプが乙女坂の風景と重なりました。

投稿: きみ | 2013年2月 8日 (金) 05時41分

きみさん
こんばんは!コメントありがとうございます(^^)
この区間、乗っていて楽しいので一度写真に収めてみたかったのですが、意外といい瞬間で切れなかったり、車内で暗いのでぶれていたりで難しかったです(^^;)
運転士さんのハンドルもちらりとアクセントに入れてみました。

確かに!西濃鉄道もこんな感じですよね。
普段のどかなローカルが好きですが、西濃や岳南、そしてここのような人工的な工場を行く姿と言うのも写真的に魅力的ですよね。

投稿: TAKU | 2013年2月 8日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身をゆだねて | トップページ | Shimakaze Festival »