« Doctor Tokai | トップページ | 裏藤原岳 »

てつたび!ファンミーティング

Fan02
三連休初日、貨物鉄道博物館で「中井精也のてつたび!ファンミーティング」が開催されました。

これは、4月から毎月1回BSプレミアムで放送される番組の第1回テーマが「北勢線」ということで、今回のイベントが行われたようです。

館内では中井先生のトークと、参加者の方が応募した写真の講評+アドバイスがありました!
Fan01
トークはとても楽しくて笑いが耐えませんでした(^^)
そして、写真の講評は、まず皆さんの写真にビックリ!!

自分も北勢線はちょこちょこ撮りますが、いままで気づかなかったような視点や視線の写真ばかり・・・!
ここでまず刺激を受けてしまいました(^^)
さらに、その写真に対する中井先生のアドバイスがこれまた勉強になりましたm(__)m

14時40分ごろ、ちょうど貨物列車が通過する!ということで皆さんで外へ出ての撮影会になりました!

そして、ここからは展示車両の見学タイムです(^^)
Fan03
南野さんが貨車についての説明。
中井先生も参加者も真剣に聞いております(^^)

実はこの日、朝から吹雪いたり晴れたりの繰り返しで、風も強く荒れた天気だったのですが、外での見学、撮影タイムの時だけ晴れていました(^^)

Fan04

そんなこんなで楽しいイベントは終わりました。

今回、中井先生とはじめてお話しすることができたのですが(イベントではこのときに見たことがありました)、気さくな方でとっても癒されました(^^)
サインしていただいた本とツーショット写真は一生の宝です(^○^)!

賑やかだったイベントも終わり人もいなくなった頃、空は晴れ渡り、西日が水仙を照らしていました(^^)
Fan05

|

« Doctor Tokai | トップページ | 裏藤原岳 »

三岐鉄道」カテゴリの記事

保存鉄道」カテゴリの記事

コメント

 事前に知っていたら、コレに行ったのになぁ……

投稿: ベタ藤原 | 2014年3月27日 (木) 23時38分

しかしまあ、寒い1日でしたね...

屋外での解説はなんとか吹雪いてない時間帯で良かったですね!

投稿: 南野哲志 | 2014年3月27日 (木) 23時47分

おはようございます。
このイベント、気付いた時にはもう締切が終わっていました。
中井さんの話は解りやすく、そして楽しいですね。
私もNHK-BSの番組に関して写真も投稿しましたが見事に玉砕したようです。みなさんが投稿した北勢線の写真、これも見たかったです。

投稿: 俊さま | 2014年3月28日 (金) 07時16分

ベタ藤原さん
こんばんは!
NHKの番組ホームページで告知されていました。
外れた方も多かったようなので、結構な倍率だったのかも??

投稿: TAKU | 2014年3月28日 (金) 22時39分

南野哲志さん
こんばんは!
解説大変お疲れ様でしたm(__)m
当日は雪は降るわ風は吹くわで寒かったですね(>_<)
あの状況で、外に出たときだけ晴れたのはもう奇跡でしたよね(笑)

投稿: TAKU | 2014年3月28日 (金) 22時42分

俊さま(さん)
こんばんは!
中井先生のお話、本当にユーモアがあって楽しく聞きながらも勉強になる内容で、楽しかったです(^^)
実はわたしも北勢線写真投稿していましたが、同じく×だった模様です(ToT)
それでも、番組で中井先生が訪れる色々な北勢線のシーンを見られるのが楽しみですね!

投稿: TAKU | 2014年3月28日 (金) 22時44分

TAKUさんこんばんは。これはかなり盛り上がったイヴェントだったみたいですね。・・・実は私は中井さんという鉄道写真家の方をTAKUさんの記事を観るまで知らなかったです。

画像をみても、ミッキー吉野さんかと思った次第で何ともお恥ずかしい限りです。しかしNHK-BSでこの貨物鉄道博物館が取り上げられるなんて、地元民としてもうれしい限りですね。

投稿: レイルファンにっしー | 2014年3月28日 (金) 22時44分

レイルファンにっしーさん
こんばんは!
ミッキー吉野さん(笑)写真見たら確かに似ていますね~(^^)
この記事で中井先生を知ってもらえて嬉しいです!

鉄道写真家も色々な方がいるので、それぞれの方にそれぞれの個性があって勉強になりますね(^^)
このイベント、とても賑わっていましたよ~!

そうなんですよね~、三岐沿線が取り上げられるなんて嬉しいですよね!
ぜひ、放送も見てみてください(^^)

投稿: TAKU | 2014年3月28日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Doctor Tokai | トップページ | 裏藤原岳 »