« コスモスと三岐線 | トップページ | 三岐貨物を楽しむ »

変わりゆく風景

Hokusei01
いつまでも変わらないでほしい風景です(^^)


いなべの長閑な風景、それでも時代の流れとともに変わりゆく風景もあります。
Mag01
建設中の高速道路の橋脚の向こうに小さな黄色い電車が見えます(^^)

MAGロード(東海環状自動車道)なんて、いつぐるっと1周するのだろう??
と思っていたら、着実に工事は進んでいるようで、三岐鉄道の沿線にも高速道路の橋脚がどんどん現れています。

養老や大垣の方でも見かけるので、いずれ繋がるのだな~と実感。
Mag02
今年度には東員ICが開業予定、3年後には新名神(新四日市JCT→亀山西JCT)も開通するので、色々と変化がありそうです。

|

« コスモスと三岐線 | トップページ | 三岐貨物を楽しむ »

三岐鉄道」カテゴリの記事

SA・PA・道の駅」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
三岐鉄道の風景は変わらないでいて欲しいですね。
ついつい連想したのは、中国地方の三江線です。高速道路ができ、国道も便利になった一方で廃止検討となりました。
三江線の場合は地域密着というには人が少な過ぎ、陰陽連絡船というには車より不便という実態でした。
三岐線・北勢線は桑名・四日市(富田)という都市がある分、核がありますし、地域に根差すことで利用客もある程度確保できます。
中国地方の場合、核となる都市も無く、三江線のみならず木次線・芸備線(三次ー新見)・福塩線(府中ー塩町)・姫新線(新見ー佐用)・因美線(東津山ー智頭)など大丈夫かと危惧します。

投稿: 俊さま | 2015年10月23日 (金) 22時33分

高速道路がどんどん便利になっていきますね。東名阪の四日市~鈴鹿の慢性渋滞が解消されると便利になりますが、紀勢線特急が高速バスに食われてしまうでしょうね。

投稿: ポンポコぽこたん | 2015年10月26日 (月) 22時14分

俊さま(さん)
こんにちは!
全国で廃線の危機にさらされている路線は数多くありますね。
ここ北勢線もかつては近鉄が廃線の方針・・・ということもありました。

どこの路線ももちろん必要としている学生さんや高齢者の方がいるわけですが、公共交通である以上簡単に廃止になってもらっては困りますが、一企業である以上、採算が取れない事業をすることもどうか、ということになってくると思います。
やはり自治体の理解が必要となってきますね。

投稿: TAKU | 2015年10月27日 (火) 16時34分

ポンポコぽこたんさん
高速道路、本当に便利になって行きます。
知らぬ間に紀勢道も尾鷲までが近くなっていたことに驚きです。

平成30年には伊勢・名阪国道方面と京都方面へのお客さんが分かれるので、ある程度渋滞が解消されることでしょうね。

投稿: TAKU | 2015年10月27日 (火) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コスモスと三岐線 | トップページ | 三岐貨物を楽しむ »