« 北勢線とツツジ | トップページ | 青空の下、原色重連 »

日没前の三岐鉄道と永源寺のとび太くん

060501
梅雨入りしていたんですね(苦笑)


昼過ぎから奥様と滋賀方面へ行ってきました。
ニュースで関東・甲信が梅雨入りしたと報じていて、あれ?東海は・・・???

昨日していたんですね(笑)

梅雨らしくアジサイでも見に・・・と出かけたものの、段々晴れてきて^^;
アジサイが少し早いこともあり、結局アジサイは見ずに道の駅に寄って帰ってきました。

帰りは石槫峠越えで。
以前から廃小学校に“道の駅建設予定地”と書かれていましたが、いつの間にかできていました(^^)

気になるメニュー
・永源寺ダムカレー
・ふなずしソフトクリーム
・近江牛バーガー(なんと1,600円!)
・岩魚丼

・・・今日は食べれませんでしたが、次回はぜひ食べてみたいと思います!


そこには滋賀といえば!の飛び出しぼうやのとび太くん!
060505
しかも、カップルバージョン(^^)
とび太くん、ちゃっかりやるじゃないですか!??

しかし、その帰り道に見たとび太君・・・
怖すぎるって、ホラーですわ(゚Д゚;)
060506

そんなこんなで、いなべへ戻り、504レを撮影(^^)
060502
麦畑が残っていたので、コラボです(^^)
堂々14両の長い編成でした!

眼鏡橋に寄り道しつつ帰宅です(^^)
060503
日没直前、列車が強烈にギラリとします。

060504
辺りはほんとんど影になったねじり橋周辺、正面に夕日を浴びた様子が印象的でした(^^)


今日は梅雨っぽくなかったですが、これから雨のときはアジサイとコラボしたりと楽しみが増えます(^^)

|

« 北勢線とツツジ | トップページ | 青空の下、原色重連 »

三岐鉄道」カテゴリの記事

鉄ネタ以外」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事

SA・PA・道の駅」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
梅雨入りしていたんですねーー

うちも昼から樽見鉄道への~んびりと出かけてみました。

近江牛バーガー 気になりますが、¥1600ですか~~うぅ~~ん
二人で食べると3200円ですよね、あたりまえだけど、、、、

この時期夕陽がロマンチックですねーー
いい感じにギラリとして、三岐鉄道でご満悦のご様子ですねーー
紫陽花の季節になりました。また楽しみが増えますね。
今日は樽見でひまわりが咲ていました。いや^^もう夏!

投稿: とこ | 2016年6月 6日 (月) 02時29分

あら、TAKUさんも504レ撮られてましたか!

昨日は貨鉄博開館日でしたが、夕方から晴れたので帰りにみんなで三里-丹生川間へ撮りに行ってみました!

永源寺の道の駅、行ったことありますが、とび太君グッズが結構揃ってるよね!

投稿: 南野哲志 | 2016年6月 6日 (月) 07時12分

こんばんは。
鮒寿司ソフトが気になりますが、多分「ぶへっ!」となりそうです。
とび太くん・・・斬首されてますけど・・・それを見届けるTAKUさんも行動力が見事です。
504レの撮影はご一緒できませんでしたが、またお会いできるといいですね。

投稿: 俊さま | 2016年6月 6日 (月) 22時45分

とこさん
こんにちは!
気づけば梅雨入りでした(^^;)

樽見もいいですね!
一度ゆっくり撮りながら、うすずみ温泉に浸かって・・・
なんてしたいと思っています^^
そちらではもうヒマワリですか!

近江牛バーガー、たぶんめっちゃおいしいんでしょうが、1,600円はちょっとしたいい料理が食べられる値段です(笑)
自分も、頑張っても1個買って分けるくらいしかできません^^;

この時期は本当に夕日がいいんですよね!
特に梅雨になっちゃうと太陽が恋しくて(笑)

投稿: TAKU | 2016年6月 8日 (水) 16時35分

南野哲志さん
こんにちは!

すごいニアミスだったんですね^^;
最初はそちらものぞいたんですが、結局麦畑の方へ行ってしまいました。

永源寺の道の駅、今回は営業時間外だったので、次回は営業時間内に行ってみます(^^)
とび太くんグッズも見てみたいですね~!

投稿: TAKU | 2016年6月 8日 (水) 16時36分

俊さま(さん)
鱒寿司ソフト、非常に気になります(笑)
でも、ちょっとコワいです(^^;)

とび太くんの斬首、道の駅での幸せな姿を見た後だけになんとも(苦笑)
こういうしょうもないネタもついつい撮ってしまいます(笑)

504レ撮影はニアミスでしたね!
ぜひ、またご一緒したいですね^^

投稿: TAKU | 2016年6月 8日 (水) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北勢線とツツジ | トップページ | 青空の下、原色重連 »