無料ブログはココログ

« 初夏の遠足Ⅷ~夜の乗り鉄~ | トップページ | 初夏の遠足Ⅹ~太平洋セメント三輪鉱業所~ »

2017年8月26日 (土)

初夏の遠足Ⅸ~三輪鉱業所専用線~

Chichibu22
砂を撒きながら、勾配を駆け上がって来る貨物列車!


初夏の遠足シリーズ、ようやく2日目です(笑)
2日目は秩父鉄道の貨物列車をメインに進めていきました。

朝、起きると快晴でホテルからは武甲山もスッキリ綺麗に見えていました(^^)

この日の初っ端は、影森から太平洋セメント三輪鉱業所へ向かう貨物列車の撮影です。
貨物列車の時刻は当日持って行ったRM3月号付録の時刻表からわかりますが、ここの時刻は出ていないので、ネット記事などからの予想です。

そして、走るかもわかりませんが、前夜に影森駅で到着する貨物列車を見ているので、走るかな?と期待しつつ向かいます。

影森駅へ着くと、貨物列車が2編成留置されていました。
Chichibu20

それにしても、ここ・・・
三岐線の東藤原駅に印象がよく似ています(^^)
Chichibu21
駅のホーム近くから背後に見える削れた山、その前にたたずむ貨物列車、セメント工場へ向かう側線・・・。
なんだか馴染みを感じてしまいます(^^)


そして、セメント工場への勾配を上がったところでカメラを構えてノンビリ待ちます。
8時30分過ぎ、乗務員さんが乗るのが見えて、貨物列車はぐんぐんと勾配を駆け上がってきました!

途中、空転防止の砂を撒きながらやってくる姿はカッコよかった(>_<)!

~つづく~

« 初夏の遠足Ⅷ~夜の乗り鉄~ | トップページ | 初夏の遠足Ⅹ~太平洋セメント三輪鉱業所~ »

秩父鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
確かに東藤原駅に似てますねぇ。

俊さま(さん)
本当に、駅の横に側線があって、背後には削れた山、そしてセメント工場・・・東藤原にそっくりでなんとなく親しみを感じる場所です(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の遠足Ⅷ~夜の乗り鉄~ | トップページ | 初夏の遠足Ⅹ~太平洋セメント三輪鉱業所~ »

最近の写真

  • Akaden01_20200116150701
  • Laview01
  • Laview04
  • Laview02
  • Laview03
  • 202004
  • 202001
  • 202002
  • 202003
  • 1201
  • 1202
  • 1203