無料ブログはココログ

2019年11月20日 (水)

鉄道貨物フェスティバル in 名古屋Ⅲ

Kamo22
普段は貨物が走る線路を、お客さんを乗せた車掌車がDD51に推されてやってきました!


日曜日の鉄道貨物フェスティバル in 名古屋
目玉イベントとして、「駅構内見学ツアー」が行われました。

これは、DD51につながれたヨ8000(車掌車)×3両の編成に乗って名古屋貨物ターミナル構内を走行するものです。
抽選での参加になるのですが・・・残念ながら落選^^;
とある沿線でよく出会うオジサンオニイサンは当選して車掌車に乗車してはしゃいでいたようです、普段の行いがとてもとても良い方だからでしょうね~( ´_ゝ`)


会場も十分楽しんだこともあり、あおなみ線沿線で駅構内見学ツアーの列車を撮影することにしました。
まず降りたのが、フェスティバル最寄の中島駅のお隣・南荒子駅。

広がる貨物ヤードの間からDD51に推されて車掌車がやってきました!
Kamo21
Kamo20

続いては、小本駅へ移動して見学ツアーの最終便を待ちました^^
Kamo23
みなさんとても楽しそうで手を振ってくれたりしました^^
こちらも楽しい気持ちになれました♪

側線に入ると手際よく折り返していきました。
Kamo24
誘導の係員さん、ずっとデッキに乗っているのでしょうか!??

ということで、たっぷり楽しませていただきました^^
毎年とは言わないので、またぜひ開催してくれると嬉しいです!


さて、楽しかったのですが寂しい事実も・・・。
DD51は来年で引退してしまうようです(>_<)

先日のセメント貨物の代走に入ったときのDD51。
Kamo26
こんな風に並ぶシーンも見られなくなってしまうのでしょうか・・・。


2019年11月18日 (月)

鉄道貨物フェスティバル in 名古屋Ⅱ

Kamo13
名古屋貨物ターミナルではやっぱり機関車展示が人気でした!


会場を入り、機関車が展示されているのが見えると思わず子供のように近くへ駆けて行ってしまいます(苦笑)
最初に目に入るのがすっかり活躍の場を広げた北の大地からやってきたDF200!
Kamo10
記念のヘッドマークを付けています^^

このDF200、よーく見ると・・・
Kamo11
綱???

綱引きの対戦相手になっていました^^
Kamo18

続いてはEF64 1000番台。
全検上がりでピカピカの1036号機です。
Kamo16
Kamo17
国鉄色に“ちくま”のヘッドマークがとても似合います^^
中央線の貨物などで活躍しているEF64、あまり縁がなかったのですがこうして見るとハマりそうですね^^;

続いてはDE10。
こんな面白いヘッドマークを付けていました。
Kamo15
かたつむり号!

桃太郎EF210!
Kamo14
架線がないので空が広く感じます(^^)


そして、今回一番注目はやっぱりDD51でしょうか。
Kamo12
なんとエンジンルームの公開が行われていました!
近くで聞くエンジン音は良いものでした(^^)

なお、DD51は車掌車・ヨ8000をつないで何回か構内見学ツアーが行われていました。
抽選で当たれば参加できるのですが、残念ながら外れてしまいました^o^;

2019年11月17日 (日)

鉄道貨物フェスティバル in 名古屋Ⅰ

Kamo01
名古屋貨物ターミナルにて「鉄道貨物フェスティバル in 名古屋」が開催されました。


発表されてから楽しみにしていたこのイベント!
仕事終わりでいんでんさんと合流、あおなみ線に乗ってLet’s 名タ!

途中の駅から見える貨物側線ではDD51が車掌車をつないで停まっていて、貨物スタッフのみなさんが手を振っていました!
既にテンションMAXです(笑)

最寄の中島駅で降りて、歩いていくと待っていたのはコンテナ!
Kamo03 Kamo02
なんと入口ゲートはコンテナ!
コンテナをくぐって入場します^^

入場すると・・・
Kamo04
にこやかにお出迎えをしてくれたJR貨物のキャラクター?


構内にもコンテナがいっぱい!!
Kamo06
Kamo05
こんなに間近でコンテナを見られるのは嬉しい限りです(笑)


会場内を歩いていくと機関車が展示されていたり、グッズが販売されていたりと誘惑がいっぱいでなかなか進めません^^;
そんな中でも思わず見入ってしまったのがコレ!
Kamo07 Kamo08
トップリフターというコンテナを運べるフォークリフトの実演!
思わず見入ってしまいました(^^)


会場はこんな感じで大賑わい!
Kamo09
とても全部は紹介しきれない魅力いっぱいのイベント、1日楽しみました♪

2016年3月30日 (水)

おつかれさまでした~JR東海キハ40~

4007
とうとうJR東海最後のキハ40系が引退、ミャンマーへ向けて旅立ちました。


今回のダイヤ改正で引退となったJR東海のキハ40系、第1陣が早速日曜日に譲渡先のミャンマーへ向けて伊勢を出発。
昨日は、残るツートンを含む最後の6両が伊勢を出発しました。

16時30頃、富田駅にゆっくりと6両編成のキハがやってきて少し休憩です。
4001
ちょうど踏切待ちをしていた親子に“何が来るんですか??”と聞かれたので、簡単に説明すると、撮っとかないと!と写メしていました(^^)

ツートンと白キハの組み合わせ。
4002

先日で終了したEXPASA御在所の無料シャトルバスと引退するキハ40、そして三岐のレトロカラーバス・・・
4003
マニアック(^^;)
まさに誰得??俺得な組み合わせである(笑)

ツートン側。
4004
車輪転削の回送などで、この時間にキハ40がいるのをたまに見かけ、ラッキー!と思うことがありましたが、もうここに来ることもないと思うと残念です。


ここで撮りたかったのがコレ。
4008
ちょっとゴチャゴチャしていますが、しまかぜとの組み合わせ。
伊勢ではなく、こんなところで出会うのは珍しいですが、これで最後です。

DD51貨物との組み合わせ。
4005

そして、17時40分過ぎについに出発していくキハ40。
仕事終わりでやってきたmoriさんとともに去りゆくテールライトを見送ります。
ディーゼルの煙の中を去っていくシーンは印象的、見えなくなるまでその場にいました。


キハ40は自走で今朝笠寺に到着、どうしても見に行きたくなってしまい、とんぼ返りで朝に笠寺駅へ見に行ってきました。
4009
甲種輸送のHMを付けた名古屋臨海鉄道の機関車と連結されていました。
このあと機関車に牽かれて東港→東名古屋港から船で運ばれると思われます。


地元の沿線ではないので、すぐに撮ることはできませんでしたが、それなりに色々撮ることが出来ました。
Takayama06

092207

092103
学生時代には青春18きっぷで富山へ行く際や紀勢方面に行く際にはお世話になった車両。
引退してしまうのは残念ですが、ミャンマーへ行っても元気に末永く活躍してくれることを祈っております!
お疲れさまでした(^^)

2013年1月29日 (火)

昭和と平成の光景

Nd55201
昭和のような光景・・・

でも平成の光景でした(^^)
Nd55202
名古屋のビルと古めかしい機関車の組み合わせが面白かったです。


日曜日は珍しく家でゴロゴロ⇒昼過ぎに自宅から2分の喫茶店でコーヒー&カツサンドを頼んだら、ボリュームあり過ぎ(^^;)
カロリー消費のためにも、幸い寒さも落ち着いていたので帰宅後2013年走り初めをしてきました。

で、以前から気になっていた名古屋貨物ターミナルへ。
家から大通りに出たら、ひたすらまっすぐ走ると到着です。

ここには国鉄色のDD13と同型の機関車が現役で働いているのですが、到着したときは構内は静まり返っていました。
日曜日だし時間も適当に来たし、入換は見られないかな~と思っていたら、遠くからホイッスルの音と力強いディーゼル音が!
Nd55203
渋い機関車が走り去っていきました!

どういう動きをするのかもわからず、ウロウロしていると貨物列車が到着。
後部に連結されてヤードへ押し込んでいきました。
Nd55204
煙を上げてカッコいいです(>_<)!

ヤードの奥には別の機関車が停まっていました。
Nd55205
先ほどは名古屋のタワーとコラボでしたが、続いては我らが?ヨシ○ヤとのコラボです(笑)

ここにもうすぐSLが走るんですよね~(^^)
C56とDD13の組み合わせなんて見てみたいものです。

1月27日の走行記録
走行時間:47分12秒
走行距離:12.73km
平均速度:16.1km
最高速度:29.1km

2012年9月 6日 (木)

スカイブルートレイン

082317
名古屋臨海鉄道で撮りたかったのがこの「トヨタロングパスエクスプレス」。
昼下がりの工業地帯を走ります。

暑い日で、カメラをセットした後は木陰で水分補給しながら雑談をしていました。
まだまだ通過までは時間があるので油断していたら、突然踏切が・・・!
あせって線路を見ると、向こうから貨物が!

やはり貨物専用鉄道は油断できません(^_^;)

082314
青空に青いコンテナ!
水色の機関車が水色で統一されたコンテナを牽く編成美!

名古屋南貨物駅へ行くと、ちょうど入換作業中でした。
082315
コンテナを積み下ろすリフトも水色で、構内が水色一色です(^^)

082316
手際よく作業が進んでいきました。

さて、まだ昼過ぎ・・・どうしましょう?
「衣浦臨海鉄道でも行きます?」というアイデアをいただき、一路碧南へ移動を開始しました(^^)

2012年9月 5日 (水)

赤ホキ追いかけて

082309
赤い鳥居の神社で撮影後は美濃赤坂駅へ移動しました。
構内では西濃鉄道の機関車からJRの機関車へ付け替え作業が行われます。

082310 082311
いや~、原型を保った0番台のEF66は格好良いです(^^)

082308
美濃赤坂駅には現在は使われていないようですが、貨物ホームがあっていい味出しています。
今回撮影し忘れてしまいましたが、駅舎も木造でいい感じです(^^)

この後はひまわりランドへ行き、その後は一気に石灰石貨物の終点へ(^^)
082312

082313
編成をくねらせて赤ホキ返空がやってきました。

さて、名古屋臨海鉄道へ来た目的はこの後やって来る青一色のあの貨物(^^)

ここで撮影中に、朝赤い鳥居で挨拶をした方と再びお会いしました。
せっかくなので、この後撮影をご一緒することになりました(^^)

2010年2月28日 (日)

Vol.354 名古屋臨海鉄道~働き者のND601~

Nagorin05
名古屋臨海鉄道の2008(平成20)年導入の新型車ND601。
撮影した土曜日は朝から東港構内で化学薬品コキの入換に勤しんでいました。

石灰石運用はND55 28と組んでの重連でした。
Nagorin10

新日鐵構内へ入った後は切り離されて、ND55は返空を牽いてきて側線で待機します。
Nagorin08_2

その間もND601はコンテナ入換にせわしなく動き回ります。
Nagorin09

一連の入換が終わると、再びND55と連結されて重連になって笠寺へ向けて発車します。
Nagorin11 Nagorin12

係員が乗り込むとすぐに出発していきました。
Nagorin13_2

新日鐵での入換の様子はVol.336もご覧ください。

名古屋臨海鉄道・入換?@
名古屋臨海鉄道・入換1

名古屋臨海鉄道・入換2
名古屋臨海鉄道・入換2


さて、名古屋臨海鉄道の写真もだいぶたまってきたので、整理も兼ねてサイトにアップしました。結構量があるのですが、またお暇なときにでもご覧くださいませ(^^)

2010年2月27日 (土)

Vol.353 名古屋臨海鉄道を撮影

名古屋港線撮影の合間は名古屋臨海鉄道を撮影してきました。
Nagorin07

東港には先日稲沢から解体のため運ばれたEF64原色(31号機・33号機)が留置されていました。
Nagorin02 Nagorin06

何度来ても東港は“濃い”ゾーンです。
Nagorin04 Nagorin03

ピカピカ29号機の向こうでは化学薬品コキの入換が行われていました。
Nagorin01
運用中の29号機を撮影してみたいものです。

名古屋臨海鉄道
名古屋臨海鉄道動画

2010年1月25日 (月)

Vol.339 名古屋臨海鉄道・トヨタロングパスエクスプレス

名古屋臨海鉄道を撮影しだしてから、トヨタコンテナで統一された「トヨタロングパスエクスプレス」を撮影したかったのですが、ようやく撮影することが出来ました。
Dpp_17402
東港での停車中ですが、機関車からコンテナまで青で統一された編成は綺麗ですね。

以前、東港より先で待っていたら単機でやって来たので、もしかしたらと思ったらやはり東港でコンテナを切り離していました。
この後の運用はわかりませんが、深夜か翌早朝に名古屋南貨物へ持っていくものと思われます。

さて、トヨタコンテナは午前中にも名古屋南貨物へ行きます。
これは専用貨物のロングパスエクスプレスではなく、普通貨物列車にコキ5両が連結されてやって来ます(この日は先頭は空コキでした)。
Dpp_1740
この編成の前5両がトヨタコンテナ

名古屋南貨物にはトヨタコンテナのコキが2編成停まっていましたが(上画像の左上と右下)、コンテナ貨物が到着すると5両のトヨタコンテナだけ切り離して、上写真左上の編成に連結しました。
Dpp_1741_2
横には積卸のフォークリフト?が近づいて来ました。

続いて残りのコンテナの入換がはじまります。
Dpp_1742

午後には東海道本線からのトヨタロングパスエクスプレスが笠寺に到着します。
Dpp_1739

この後に、石灰石の返空が笠寺に到着し、重連を切り離し、ND55がトヨタコンテナを、ND60が30分後の普通コンテナ便を牽引します。
そして、1枚目の写真へつながります。

ちょっと説明がわかりにくくてすみません(汗)


 

最近の写真

  • Akihoku03
  • Akihoku05
  • Akihoku04
  • Akihoku01
  • Akihoku02
  • Seibu51
  • Seibu50
  • Hujiwara03
  • Hujiwara05
  • Hujiwara04
  • Hujiwara01
  • Hujiwara02