無料ブログはココログ

2019年3月27日 (水)

DD51 白ホキ入換

Dd5102
久々にDD51の白ホキ入換を見てきました(^^)


今回のダイヤ改正でセメント便がDF200運用になりましたが、夜の白ホキ(フライアッシュ)は昨年のダイヤ改正でDD51重連→DF200に変更されていました。

時折DD51による代走はありましたが、なかなか見る機会がなく・・・
と思っていたら、日曜日の白ホキがDD51とのこと!

ということで、会社帰りに富田駅へ寄り道ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
Dd5101
到着時にはすでに入換が始まっていましたが、跨線橋とホームから、夜の凸入換シーンを堪能できました(^^)

Dd5103
DF・DD・ED!!

DD51はそのままセメント便の定位置でお休み・・・
もしかして?と思ったらそのまま翌日はセメント便に入っていました(^^) 

それにしても、この1年を比較するだけでもDD51が大幅に減りましたね。
DF200に置き換えられるといっても、まだ数年は大丈夫?と思っていましたが、この様子を見ているともう先は長くない・・・
そんな印象を受けました。

2019年3月20日 (水)

週末の出来事

013805_1
DF200がセメントをけん引!
今回のダイヤ改正で一番驚いた出来事かも知れません( ゚Д゚)


先週末は2大出来事がありました。
一つは3月16日三岐線やJRのダイヤ改正。
そしてもう一つが、3月17日16時に新名神高速・新四日市JCT-亀山西JCT、ならびに東海環状自動車道の東員ICIC-大安ICが開業しました!
仕事面でも趣味面でも気になる出来事です。

さて、そんな17日の夜、仕事帰りに保々へ立ち寄ると・・・
031801_1
お~!新名神に車が走ってる!!
電光掲示板が光ってる!!
ちょっと感動でした(笑)


ところで、ダイヤ改正では三岐線の電車も貨物もだいぶ時間が変わりました。
031803_1
031804_1
覚えるまで大変です(^^;)

個人的には大安IC開通により、自分が休みの日の朝、奥さまの出勤を見届けてからでも高速ダッシュすれば丹生川辺りで朝の貨物が撮れるようになる!と期待をしていましたが、ダイヤ改正により貨物の時間が早まったので、見果てぬ夢となりました(大げさ(笑))。

最初にも書きましたが、なによりもビックリしたのがDF200セメント運用!
運用上はそうなっても、しばらくはDDで代走でしょう(^^)なーんて油断していたら、DFに変わっていました(^0^;)
今後、代走の可能性はあるでしょうが、なんともあっけないセメント便からのDD引退でした。

夜の富田駅へ行ってみると、EDと並ぶDFDF!!!
0318080_1
違和感ありありですが、いずれ慣れるでしょう(^^;)

そして、セメント便につくDF200!
013806_1
031807_2
DFにセメントタキはちょっぴり可愛らしい感じもします。
違和感はありますが、結構いい感じです!

せっかく新しく見ることが出来るようになった光景、楽しんで行こうと思います!

PS:ココログがメンテナンスでリニューアルされたのですが、不具合も起きているようで、使い方にも慣れず(T_T)
もしかするとおかしい点などあるかもしれませんが、ご容赦くださいm(__)m

2018年9月24日 (月)

DD51迂回貨物~茶色い瓦~

Ukai08
山陰地方の印象的な茶色い屋根瓦、その向こうに凸がチラリ(^^)


DD51迂回貨物列車を追いかけていくと、ちょうどお昼ごろに大田市という駅に長時間停車します。
ここで、上下貨物列車の交換が行われます。

古めかしい跨線橋からコンテナがチラリ(^^)
Ukai05
この窓のカギ、懐かしくてついつい何度も触ってしまいました(笑)

Ukai06

Ukai07
雨の中でじっとしているDD51、もう渋すぎました(>_<)!


そして、続々と撮影者も集まって来て、上下貨物の交換を待ちます!
・・・が!

途中の道沿いで見た茶色い屋根瓦の向こうにあった駅のシーン。
どうしても、そこで撮ってみたい思いがあったので、交換シーンはいんでんさんにお任せして移動ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

そして、撮ったのが1枚目です。
まぁ、交換シーンを撮るのが正常だと思います(苦笑)

でも、どうしてもちょっと遊びっぽいショットが撮りたかったし、これも天気が雨だからこそ撮ろうと思えたカット(晴れなら先回りして海バックで撮っていたと思います)なので、超自己満足しています(笑)


最後は、せっかくなのでこんなところへ!
Ukai09
お!目玉おやじ&鬼太郎!!
そして、その向こうの列車は・・・!

Ukai10
コナン君!!!!!!!!!

鬼太郎列車が見られなかったのは残念でしたが、弾丸ツアーめちゃめちゃ充実で楽しかったです!
しかし、数年前より体力は確実に衰えていました(苦笑)

2018年9月22日 (土)

DD51迂回貨物~海をバックに~

Ukai03
日本海をバックに走るDD51、熱いシーンでした。


山陰迂回貨物弾丸撮影ツアー(^^;)
細かな行程は決めずに、当日行きながら決めました。
なんといっても、着くまでに時間はたっぷりあるのですから(笑)

当日の天気は雨予報。わかって出撃するので気も楽です(^^)

7時頃だったでしょうか?島根に到着!
ちなみに、マイカー最長到達県です!!


ここから、三保三隅の有名ポイントなど気になるポイントをめぐります。
最終的に1枚目の青浦鉄橋に決定!

海バックに関しては、雨は残念なところですが、このポイントは岩場も印象的で、逆に雨が似合っている!?と思えるくらいしっかりと画になってくれました(^^)

そして、なによりもゆっくりと轟音を立てて走り去る愛知機関区のDD51を目の前で見られたことに感無量でした。

このまま追いかけます・・・といっても、スジは長時間停車を繰り返すので、のんびり追いかけられます。

Ukai04
非電化、海を望みながら走るDD51を見ていると、かつての紀勢貨物を思い出してしまいました(^^)

このポイントも、自分は山陰地方の茶色い屋根瓦を入れたくてこの構図にしましたが、海をバックに撮ることもできました。
なんだか、紀勢貨物の↓↓の場所と似ている気がしました(^^)
030201

2018年9月21日 (金)

DD51、愛知から応援へ

Ukai02
西日本豪雨に伴う山陽本線一部区間不通の影響による、迂回貨物。
関係者の努力により、今月中には再開とのことでまもなくその役目も終了となります。


愛知から応援へ行った3機のDD51。
その雄姿を見ようと、19日夜出発→20日深夜帰宅の弾丸行程で行って来ました(^^;)

Ukai01
山陰地方らしい、茶色い屋根瓦の家をバックに愛知機関区・DD51 1804号機が走ります。
普段身近で見ている機関車が、遠い地で応援に頑張っている姿は熱いものがありました(^^)


いんでんさん、弾丸ツアーご一緒いただきありがとうございました(^^)

2018年8月20日 (月)

秋の気配

081701
世間のお盆休みが終わるころ、一気に涼しくなり、秋の気配を感じました(^^)


今年の夏の繁忙期も無事に終了しました(^^)
GWや年末年始は終わると一気に落ち着くのですが、夏の場合は夏休みが続くのでまだまだ忙しい日々が続きます。
実際、今日は予想以上(ちょっと油断していたのもあるかもしれませんが(^^;))の忙しさで焦りました(^0^;)

8月17日、この日は夜勤明け(夜勤を終えて帰ればその日の出勤はナシ^^)だったので、ちょっとカメラ片手に息抜きしてきました(笑)


今年の夏は酷暑、うだるような暑さからいつ抜け出すのだろうか??なんて思っていましたが、この日は少し寒いくらいの朝でした。


朝の三岐沿線で撮っていると、同じく仕事終わりの悪いオジサンがΣ(゚Д゚)
拉致していただき(笑)、DD51と色づいた稲を撮りに行きました(^^)
081703

その後は同僚と喫茶店へ行き、その帰りに再び三岐線沿いを通ると、空がとても綺麗。
青空のなかを刷毛で描いたような筋雲。
081702
もう、この空を思いっきり入れたくなってしまいカメラを構えます♪
でも、色づいた稲もいい感じなので、欲張り構図です(笑)

最後に、保々駅を定期チェック(^^)
081704
先日、入場していた801編成は試運転表示で停まっていました。
そして、西武カラー805編成はなぜか謎幕で点検を受けていました(^^;)
この写真ではわかりづらいかも??


ということで、しばらく自動更新でしたが、またのんびり季節外れの三岐ブログをお楽しみに(笑)

2018年5月31日 (木)

南四日市貨物

Minami01
四日市の煙突をバックに、南四日市へ向けてDD51が走ります。
この光景も見納めです。


不定期扱いながら、基本的に平日1日1往復、2085レ→四日市から8081レとしてやって来て、8070レ→四日市から2080レとして帰っていく南四日市貨物。

本日を持って運行終了となった模様です。
写真は29日の8081レ、ナンバーが特徴的な現役最若番の825号機がやってきました。


南四日市貨物はなかなか撮る機会がなかったのですが、3月のダイヤ改正前にDD51撮影をした際に覗いていました。
Minami02

Minami03

Minami04

Minami05
この時は、存続のことなど全く知らずに立ち寄ったのですが、どうも先は長くないような話をチラホラ聞き、気になっていました。

Minami06
この日の8070レ。
南四日市貨物はそろったコンテナがカッコいいです(^^)


こちらは10年以上前、2007年ごろの南四日市です。
Minami07
昼頃にやってくる貨物がありました。

Minami08
右手前のスイッチャーはすでにないようですが、他の車両はどうなるのでしょう??


ちょうど週の初めには、原色DD51の853号機・1805号機も解体されてしまい、また、DDの活躍も徐々に減少し、南四日市貨物もなくなってしまい、ちょっと寂しいことですね。

2018年5月18日 (金)

麦と夏草を泳ぐ

Shiratori01
少し色づいてきた麦畑の中を、貴重な存在となったDD51重連が泳いでいきました(^^)


日曜日は母の日でした。
その日は仕事でしたが、たまには実家に帰るか(^^;)ということで、火曜日のお休みにちょいと実家へ。

この時期は、GW明け恒例の東名阪道リフレッシュ工事。
高速で行くのも渋滞するし、一般道は迂回車で混み合うし・・・と思っていましたが、スイスイ(゚Д゚;)

というのも、今年の東名阪道のリフレッシュ工事は主に夜間のみの工事。
昼間は車線規制も行われないようで、スムースなもんです(^^)


とはいえ、実家へ向かうと必ず足止めを食らう?場所があります(笑)
ココです(^^)
Shiratori02
天気が良くて、暑かったですが、少し貨物列車を撮っていくことに(^^)
ちょうど田植えが終わった水田の脇をDE10が単機で走っていきました。


線路の反対側は麦畑(1枚目)。
DD51重連もいつまで続くかわからないので、撮れるときに撮っておきます。

DD51が来る直前、反対側からDF200のコンテナ貨物がやって来て、白鳥信号場で交換します。
Shiratori03
DDとは違う独特のディーゼル音は遠くからでもわかります(^^)
線路脇の夏草が結構伸びて来ていて、まるでその中を泳いでいるようです(^^;)


この後は無事に実家へ行って来ました(笑)
そういえば、ここのすぐ近くの多度方面へ向かう県道の交差点がラウンドアバウト(環状交差点)になっていました。
警備員さんが立って誘導していましたが、一瞬焦りました(^^;)

2018年5月 6日 (日)

ゴールデンウィーク

18gw01
ゴールデンウィーク初日の朝、小鳥のさえずりを聞きながら、麦畑の中を駆け抜ける貨物列車をのんびりと見送りました。


・・・なんてのはウソです(笑)
後ろを走る高速道路では渋滞が発生、電光掲示板には渋滞情報の表示、そして繁忙期恒例?の事故発生によりパトロールカーのけたたましいサイレンとスピーカーからのアナウンス・・・。

あぁ・・・はじまったんだGW(^^;)って感じでした(笑)


4月27日の夜から始まったGW戦争も無事に終了しました。
GW初日となる28日は5時に仕事を終え、次は15時出勤。
さあ、早く帰って睡眠を・・・と思っていたのですが、帰り道に出会った悪いオジサンにそそのかされて(笑)、一緒に関西線の貨物を撮っていくことにしました。

コンビニで買った朝食を食べながら、麦畑にカメラをセットして待ちます。

18gw02
朝の貨物列車、2本目はDDとDEの重連でやってきました!
仕事忙しくても、大変でも、好きな写真撮っていると頑張れるよね、と確認しあい解散(笑)

このあと、帰宅中に自転車で走るまーぼーさんともバッタリでした(^^)


さて、バタバタととにかく働いたGWも本日で無事終わり。
残った仕事はあったけれど、家ですることにして帰ります(^^;)

雨が降っていましたが、ちょうど夜の白ホキ入換の時間だな~と富田へ寄ってみると・・・。
18gw04
入換終了後のDFはいつものように四日市へ回送されず、普段DD51がいる留置線に入って来て停まりました。

ちょうど三岐903レと並びました。
18gw03
ちょっと違和感がありましたが、いずれはこれが普通になってしまうのでしょうか。


とりあえず、忙しさは落ち着くので、気分的にはちょっとゆっくりします(^^)

2018年4月12日 (木)

末広橋梁と桜

18s43
四日市港の可動橋を行くDD51セメント貨物。
この場所にも春がやってきていました(^^)

昨年も撮った可動橋と桜。
同じようなカットになってしまうし、どうしようかな??と迷ったものの、やっぱり行ってしまいました。

18s42
なかなか季節感を入れにくい工場地帯ですが、この桜はそこに春らしさを出してくれました(^^)

ちなみに、今年撮影したのが3月30日、昨年撮影したのが4月13日。
桜の時期がずいぶん早かったですね~!

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Sakura166
  • Sakura162
  • Sakura163
  • Sakura165
  • Sakura164
  • Akaden154
  • Akaden150
  • Akaden151
  • Akaden152
  • Akaden153