突然現れたタラコ!

100619

伯備線の撮影をほぼ終え、最後に大山バックに撮影して宿泊する津山へ戻るつもりでのんびりと戻っていきました。
さすがに日が変わってすぐの出発、早朝からの撮影で疲れも出つつあったのですが、ふと線路の方を見ると一気に眠気も飛んでしまいました・・・
100618
DE10+キハ47のタラコ色!なんじゃこりゃ!?
(これは車の窓から慌てて撮ったものです^^;)

気づいたら方向転換、この列車を追いかけていました(^^;)
追いかけるといっても、この列車は超のんびりスピードで走っており、途中の駅でも交換待ちをしていたようです。

最後は貨物を撮った鉄橋に戻ってきました。
すでに夕方、曇りで暗かったのですが、さらには雨まで降ってきました(ToT)
いつくるかも不明の中、それでもしばらく待っているとやって来ました!
100602
渋すぎる組み合わせに大満足!
津山へ向かう車は疲れも吹っ飛び気分は上々でした(^^)

ちなみにこれ、米子の方にある工場から岡山への検査上がり?の回送だったようです。

| | コメント (8)

伯備の三岐

伯備線シリーズの続きです。
やくも号、EF64貨物と撮影しましたが、合間には普通列車もやってきます。
どんな列車が来るのかわからず楽しみに待っていると・・・
100615
2両編成の黄色いやつが通過・・・なぜだか親しみを感じます・・・?

Mくんの一言「三岐やん(笑)」。
なるほど、確かに似ている気が(^_^;)
どうりで親しみを覚える訳です(笑)

これ以降、この車両が来ると「さんぎ」と呼んでいました(^_^;)

100616_3
これはなつかしのやくも号がやって来る直前に通過した「さんぎ」さん。
ここでシャッターを連写中にバッテリーがダメになりました(ToT)
「さんぎ」さんには悪いですが、なつかしのやくも号の時じゃなくて良かったです(^^;)

ちなみに、ちょっと締りのない顔をしていますが(失礼^_^;)、逆側は凛々しい顔をしています。
100620 100617

やくも、EF64、「さんぎ」さん・・・もとい115系と色は変わっているものの、国鉄型ばかりが活躍している伯備線はなかなか熱いです(^^)

一通りの撮影を終えて、大山バックに撮影しつつ、宿泊する津山へ移動することにしました・・・が、ここでサプライズ車両が登場し再び追いかけることとなりました(^_^;)

| | コメント (8)

伯備を走る牛乳パック?

100611
山陰地方特有の赤茶色の屋根の家をバックに64貨物が走っていきます。

伯備線では特急やくもの他にもEF64の貨物列車も走っています。
いまや貴重な0番台も見ることが出来ます。

早朝、伯備線沿線に到着すると、いきなり貨物列車がやって来ました。
100613

少し待つとまたまたやって来ました。
100614
信号機がちょうど空荷のところに入ってしまいました(^_^;)
どちらも0番台ではなくてちょっと残念。

そして、午後の上り貨物を高台の上で待っていると・・・またまた1000番台(^_^;)
途中で停車を繰り返すので、追い越すことが出来ます。
100612
1000番台、更新色とはいえ、国鉄型の機関車が風光明媚な路線を走るのはたまりません(^^)

それにしても、誰がつけたか“牛乳パック”。うまいネーミングを考えたものです(^^;)

| | コメント (0)

伯備路を駆け回る“ふりこ特急”

100601

週末の鳥取・岡山方面撮影旅行シリーズのはじまりです。
しばらく続きますがお付き合いを(^^;)

今回の旅行は約1年前に同僚Mくんと津山の扇形庫へ行こう!というところからはじまりました。
あいにくその時点で年内の公開日があと少しだったため、今年の公開日が発表になるのを待ち、10月の三連休にあたる7日に行くことに決め、貴重な伯備線のEF64 0番台の貨物を狙うのもセットにしました。

申し込みをしたあとで、前日に国鉄色のやくも号(なつかしのやくも号)が走ることもわかったので、もちろんそれも狙うことにしました(^^)

日付が6日になってすぐに四日市を出発→一路伯備線沿線を目指します。
翌朝、到着するとあいにくの曇り空でしたが、早速やって来る64貨物や特急やくも号にテンションが上がります(^^)

100603
やくも号に使われる381系はカーブの多い伯備線でも速度を出せるように、振り子装置が装備されていて、カーブでは高速で車体を傾けて通過します。
メインの国鉄色やくもはそれがわかるようなカーブで撮りたいな〜と事前にリサーチした場所は、カーブ・鉄橋・トンネルと揃った場所でした。

到着してしばらくするとサンライズ出雲が通過していきました。
100604
明るいときに見たのは初めてかもしれません。

その後も定期のやくも号がバンバン駆け抜けていきます。
100610_3 100605

思ったよりカーブでの傾斜とバックのトンネルがわかりづらかったですが、メインのなつかしのやくも号は薄っすらですが陽も差してくれて満足の行く出来になりました(^^)

その後も、やくもは本数が多いので何回か撮影することが出来ました。
100606_2
S字カーブをやって来たやくも号。
同じやくも号でも色々な顔の車両がいます。

100607
山間の鉄橋を高速で駆け抜けます。
この色合いも似合っています(^^)

スッキリしない天気とはいえ、やっぱり風景の中を行くカットも撮りたかったので、最後は川を大きく入れてショット。
100608
国鉄色はもちろんですが、ピンクのやくもも格好いいです!

さて、今回の旅行のために予備バッテリーを購入し、充電→装備して行ったのですが、国鉄色やくも号の1本前の電車を撮影中に死亡(ToT)
これが1本後だったら・・・と思うと恐ろしいです(汗)
ちなみにバッテリーは無事交換となりました。

| | コメント (4)