無料ブログはココログ

2018年5月 8日 (火)

川遊び

Aogawa50
朝の青川、水面に朝日を映し輝いていました。


青川橋梁を見ると、秩父鉄道の荒川橋梁を思い出します。
Aogawa55

Aogawa54
これは昨年の5月に遠征したときの写真。
(秩父鉄道遠征シリーズ、途中で尻切れトンボになっていました^^;)

川の大きさも、橋の大きさも規模が違いますが、三岐線の橋梁のなかでは高さもあって、下から見上げると結構迫力です(^^)

春の朝、日の出が早くなってきたら青川での川遊びが最高です♪
Aogawa53

Aogawa52

Aogawa51
結構川の流れが強かったです(^^;)


さて、昨年は我が家の総理大臣に特別のご許可をいただき、撮影遠征に秩父鉄道へ行きましたm(__)m
Aogawa56


さて、今年も撮影遠征決定!
行先は・・・

Kato01
しなの鉄道!

この時以来なので、6年ぶり!!
楽しみです(^^)
それを励みに仕事頑張ります(^^;)

2017年9月25日 (月)

初夏の遠足13~波久礼で豚丼~

Chichibu41
ハイカーで賑わう山間の駅に貨物列車がやってきました[7404レ]。


武川で骨材貨物を撮影した後は、再び秩父方面へ戻ります。
ちょうど、波久礼駅で貨物列車がやってくるので、待ち構えることにしました。

Chochibu40
イイ感じのたたずまいの波久礼駅(^^)
10年以上前に秩父鉄道へ来た時、隣の樋口駅から大雨のなか撮影しながら延々と歩き、この駅舎が見えた時はホッとしたものです(笑)


ここで貨物列車は10分弱停車するので、近くの踏切から狙います。
踏切へ向かう途中、非常に気になるものが・・・。
でも、まずは貨物を撮るために通り過ぎます・・・( ˘ω˘ )

Chichibu42
青い機関車、カッコエエな~(^^)

さて、無事に貨物も撮影し、時間は13時半・・・。
お腹も減っています。

ということで、さきほど非常に気になった駅すぐ横のココへ!
Chichibu44
秩父路名物の豚丼とな!!!!

Chichiu43
美味しい(*´ω`*)
これだけ豚肉がのっているのに、脂っこくなくてもたれません(^^)

いや~満腹満足(^^)

Chichibu45
素敵なお店でした♪


~つづく~

2017年9月24日 (日)

初夏の遠足Ⅻ~石炭輸送・ホキ10000~

Chichibu34
茶色の電機とホキ10000の組み合わせ![703レ]
かつての三岐線の骨材輸送を思い出させるようなシーンでした(^^)


秩父貨物の撮影で撮っておきたかったのが、ホキ10000。
2012年2月までは三岐線でも活躍していましたが、骨材輸送終了に伴い見られなくなりました。

秩父鉄道ではいまでも石炭輸送として、熊谷貨物ターミナル~武川間で見ることができます。

朝と昼に見られるのですが、朝は影森界隈で撮影していたので、昼の便を撮影します。
ホキ10000が来る5分前には鉱石輸送列車がやってきました。
Chichibu33
[7105レ]

そして、やってきたホキは茶色くなったデキが牽いてきました!
秩父鉄道のデキは青色が好きですが、ホキは三岐でのシーンを思い出す茶色いデキで来てくれたらな~と思っていたので、これは嬉しかったです(^^)

ちなみに、石炭貨物は熊谷貨物ターミナル⇒三ヶ尻へ向かうのですが、直接進入できないため、いったん先の武川まで戻り、機回しをしてから三ヶ尻へ進入します。

Chichibu35
機回しが終わると、三ヶ尻へ向けて出発していきました。[706レ]

Chichibu36
久々に見るホキ10000!

去っていきました。
Chichibu37
この後ろ姿もなんだか懐かしく感じました(^^)


↓三岐の骨材輸送です
Dpp_2080

ここからは午後の部、再び秩父方面へ戻りながら貨物を撮影します!
~つづく~

2017年9月23日 (土)

初夏の遠足Ⅺ~青いデキと鉱石貨物~

Chichibu29
ローカル駅の側線で小休止する貨物列車[7303レ]。


秋の風景シリーズも続きますが、こちらもまだ終わっていません、初夏の遠足シリーズです(^^;)

三輪鉱業所の専用線ですっかり秩父貨物カッコエエ!となりましたが、続いては本線の鉱石輸送を撮影しました。

貨物時刻表を見ながらあれやこれやと考えつつ、やってきたのは前日も貨物列車を撮影した和銅黒谷駅。

Chichibu28
ここで影森へ向かう貨物列車は約20分停車します。

Chichibu27
普通列車との行き違い。
これも三岐線を思い出させるようなシーンです(^^)

そして、レトロカラーの急行秩父路号に先を譲ります。
Chichibu30

吊り掛けサウンドを響かせ、ゆっくりと出発していきました。
Chichibu31
青い機関車が青空に似合います!
普段、三岐の茶デキを見慣れているだけに、鮮やかに感じます(^^)

このあとは、徐々に熊谷方面へ向かいます。
途中で再び貨物列車がやってくるので、待ち受けます!
Chichibu32
[7204レ]

三岐でも多いな~と思いますが、秩父鉄道も貨物の本数が多い!
かなりの頻度で撮ることができます(^^)


さて、続いては秩父鉄道で見てみたかったあの貨車を見るために移動です!
~つづく~

2017年8月27日 (日)

初夏の遠足Ⅹ~太平洋セメント三輪鉱業所~

Chichibu23
影森から続く専用線、その先には秩父太平洋セメント・三輪鉱業所があります。


勾配を駆け上がる貨物列車を撮影した後は、そのまま側道を歩いていきました。
すると、太平洋セメント・三輪鉱業所の入口に到着です。

構内には架線がない場所があるので、ここでディーゼル機関車に付け替えます。
Chichibu25

Chichibu24
ちょっとDD51っぽいですね(^^;)

しばらく入換を見物し、帰って来る列車を撮影するために、再び側道を戻ります。
9時15分ごろ、ホイッスルの音と、長編成の貨車の音が聞こえてきて・・・
Chichibu26
カーブの向こうから貨物列車がやってきました!

続いては本線の貨物列車を撮影に向かいます!
~つづく~

2017年8月26日 (土)

初夏の遠足Ⅸ~三輪鉱業所専用線~

Chichibu22
砂を撒きながら、勾配を駆け上がって来る貨物列車!


初夏の遠足シリーズ、ようやく2日目です(笑)
2日目は秩父鉄道の貨物列車をメインに進めていきました。

朝、起きると快晴でホテルからは武甲山もスッキリ綺麗に見えていました(^^)

この日の初っ端は、影森から太平洋セメント三輪鉱業所へ向かう貨物列車の撮影です。
貨物列車の時刻は当日持って行ったRM3月号付録の時刻表からわかりますが、ここの時刻は出ていないので、ネット記事などからの予想です。

そして、走るかもわかりませんが、前夜に影森駅で到着する貨物列車を見ているので、走るかな?と期待しつつ向かいます。

影森駅へ着くと、貨物列車が2編成留置されていました。
Chichibu20

それにしても、ここ・・・
三岐線の東藤原駅に印象がよく似ています(^^)
Chichibu21
駅のホーム近くから背後に見える削れた山、その前にたたずむ貨物列車、セメント工場へ向かう側線・・・。
なんだか馴染みを感じてしまいます(^^)


そして、セメント工場への勾配を上がったところでカメラを構えてノンビリ待ちます。
8時30分過ぎ、乗務員さんが乗るのが見えて、貨物列車はぐんぐんと勾配を駆け上がってきました!

途中、空転防止の砂を撒きながらやってくる姿はカッコよかった(>_<)!

~つづく~

2017年8月25日 (金)

初夏の遠足Ⅷ~夜の乗り鉄~

Chichibu16
夜の影森駅。
背後には武甲山、そして貨物列車が停まっている様子は東藤原駅を思い出させます(^^)


ようやく初夏の遠足シリーズ・初日編の最後です(^^)
秩父鉄道で貨物列車を撮影し、お風呂に浸かって疲れをとった後は、秩父のホテルにチェックイン。

せっかくなので、秩父~影森を乗り鉄してきました(^^)
Chichibu14
列車に揺られて数分、影森駅へ到着です(^^)

折り返しまで数分なので、手早くスナップ(^^;)
Chichibu15
なんとも渋い水道。後ろにいる車両も気になります・・・。

個人的に好きなパンダ顔の西武元101系。
影森でお休み中だったので、翌日見られるのを楽しみにします(^^)

折り返しの電車で秩父へ戻ります。
Chichibu13


これにて、初日の行程は終了!!
夜の秩父駅前にてお疲れさん会です(^^)
Chichibu17
かんぱーい!

秩父のB級グルメ・味噌ポテトだそうです♪
Chichibu18

Chichibu19
ホルモン焼きも名物だそうです。

どちらも美味しかった~♪

すっかり気分もよく、宿に戻るのでした(^^)

初日編終了
2日目につづく!

2017年7月29日 (土)

初夏の遠足Ⅶ~秩父の電機~

Chichibu10
秩父鉄道では多くの電気機関車が活躍しています。
こちらは、先日アップした三岐でも活躍したデキ200。


広瀬川原で帰ってきたパレオエクスプレスを見た後は、まだまだ宿へは行きません(笑)
続いては、機関車のねぐらがある武川へ向かいます。

10年ぶりくらいでしょうか。
到着すると、待機している貨物列車を発見!
Chichibu11
渋い!カッチョエエ!!

夕陽を浴びて(^^)
Chichibu12

三岐でのデキは色あせていた印象があるので、秩父のデキを見ると色が濃く見えます(笑)
さてさて、朝の横川駅から始まり、信越線D51⇒秩父鉄道とまわってきた1日でしたが、これにて宿に向かうことにします(^^)

宿は秩父。
戻りつつ、星音の湯という温泉で疲れをとっていくことにしました(^^)

~つづく~

2017年7月28日 (金)

初夏の遠足Ⅵ~広瀬川原~

Ensei03
西日を浴びて、ねぐらに帰ってきたパレオエクスプレスが入換中です(^^)


初夏の遠足シリーズもボチボチ続けていきます(笑)
秩父鉄道の貨物列車を見れて満足した後は、秩父鉄道の車庫がある広瀬川原へやってきました。
ここは荒川の堤防がすぐ横にあり、そこからSLの入換の様子を見ることができます。

ちょうど、三峰口で見たパレオエクスプレスは、貨物列車などを撮影している間に終点の熊谷まで行き、車庫まで帰ってきたところでした。

Pareo10
煙で一面包まれました(^^)

Pareo11
煙の向こうからは補機の電気機関車が登場!

こちらも渋いです(>_<)!
Pareo12

入換は見ていて飽きません!
ついついずーっと眺めてしまいました(^^)
Pareo13

Pareo14
C58は車庫に帰っていくと、石炭の積み込み?をしていました。


早朝から日が傾くまで楽しみ、大満足・・・
でも、まだ宿には行きません(笑)

~つづく~

2017年7月 4日 (火)

初夏の遠足Ⅴ~鉱石輸送貨物列車~

Ensei06
藤原岳・・・じゃなくて、武甲山をバックに貨物列車が行違います(^^)


さて、初夏の遠足シリーズもぼちぼち進めていきます(^^)
三峰口でパレオエクスプレスを見た後は、秩父鉄道へ来たもう一つの目的・貨物列車を見に行きます。

今回、秩父鉄道に行くにあたって貨物の時刻がよくわからんな~と思っていたら、ちょうど直前に発売のRail Magazineの付録に秩父鉄道の貨物の時刻がなんと各駅で出ていたので非常に役に立ちました(^^)

ただ、この日は日曜日、走っているのかよくわからずでしたが、貨物列車同士が交換する和銅黒谷駅へ向かいました。

まずは返空の貨物が登場!
そして、反対からは積車がゆっくりとやってきました!!
しびれるシーンです!

Chichibu01
武甲山から運ばれていく鉱石。


電気機関車による貨物列車に削れた山と、三岐鉄道を思い出させる秩父鉄道。
なんだか遠い場所なのに馴染みを感じてしまいます(^^;)

でも、武甲山は藤原岳と比べるとその大きさからか迫力があって、なんだかラスボス感を受けます(わかりにくくてすみません^^;)。

そして、秩父鉄道の貨車といえばコレ(‐皿-)
Chichibu02
ヲキフです(^^)
顔に見える独特な形(‐皿-)


これだけで大満足(笑)
あとはゆっくりと宿へ・・・行きません!

車庫に帰って来るパレオエクスプレスを覗きに行くのです(^^)
Chichibu03
~つづく~

最近の写真

  • Kamo04
  • Kamo05
  • Kamo07
  • Kamo06
  • Kamo03
  • Kamo02
  • Kamo08
  • Kamo01
  • Narowin02
  • Narowin03
  • Narowin01
  • Keihan04