無料ブログはココログ

2018年6月 7日 (木)

夜汽車の風景~新八日市駅~

18yg01
日が変わって0時01分。
新八日市駅に最終列車がやってきました。


最近、仕事にハマっています。
楽しくて楽しくて夢中で・・・という意味ではなく、どつぼにハマっているのハマるです(苦笑)
自分がつくづく嫌になるときもありますが、まぁなるようになるでしょう(^^;)

ストレス解消にはカメラで夜遊びです(笑)


さて、テレビ朝日の「報道ステーション」で夜汽車の風景というコーナーがあります。
先日偶然見ると、近江鉄道の新八日市駅が!
しかも、わざわざ合わせたのかそこへ赤電がやってくるという渋すぎる瞬間(^^)!

ということで、先日、夜の新八日市へ行ってみました。
といっても、思いついたのが22時過ぎ。

列車はあるのかな?と調べると、終電は日が変わってからなんですね!

18yg02

18yg03

18yg04
夜の新八日市駅、廃墟っぽくてちょっとコワいです(^^;)

ここで終電を待ちました。
お客さんいるのかな?と思ったら、結構多くのお客さんが降りてきてビックリでした(^^;)


帰りに八日市駅へ立ち寄ると、赤電がお休み中でしたzzz
18yg05

夜遊びでストレス発散になりました(笑)

2018年3月 5日 (月)

春近し

Ume50
いろんなところで綺麗な梅も見られるようになり、春はもうそこでしょうか(^^)


更新が遅くて、いまだに雪景色なんてアップしていますが、気づけば鈴鹿の山々の雪も段々と解けていき、寒い日もあるものの段々と過ごしやすくなり、春が近いことを感じます(^^)

先日は毎年行く桑名の梅園へお邪魔してきました(^^)

今年初のウメ+メジロ=ウメジロウです(^^)
Ume51
ゆっくり撮ろうと思っていたら、2羽いたメジロさん飛んでいっちゃいました(^^;)
お邪魔しちゃったかな?ごめんよm(__)m

梅はまだ少し早かったですが、春のはじまりを楽しむことができました。


さて・・・これで終われば素敵な休日なんでしょうが、このあと、そろそろ雪も解けてきたかな?と行ってしまいました(^^;)
Ume52
酷道、廃村巡りへ(苦笑)


いなべ→関ヶ原から多賀まで行き、県道17号線を進みます。
上の写真、これ県道ですよ?!険道ですね(^^;)

突如山中で現れる謎の木造倉庫もすでに見慣れてしまいました(笑)
昨年行ったとき、上の写真左側に急坂があったのですが、雪で埋もれていたので断念しました。
のちに、入谷という集落があることを知り、行ってみたかったのですが、今回ようやく行くことができました。

とはいえ、車で行くのはコワいレベルの急坂なので、徒歩で行きます。
Ume53

Ume54
急斜面に沿って、家が残っていました。

天気が良くて、明るかったのでそれほどでもないのですが、なんだか人の気配を感じるようでちょっとコワいです(^^;)
・・・と思ったら地元の方の軽トラが停まっていました(^o^;)

ということで、上の方までは行かずに戻りました。
また改めて見に行ってみたいものです。

下の地図の道が分かれているところが木造倉庫のあるところ、左側の集落が入谷です。

県道17号線、興味がある方はどんな道なのかストリートビューで見てみてください(笑)


県道に戻り、さらに進むと落合集落です。
Ume55
ここは去年の今頃に来ました。
そして、秋にはここを通過して男鬼集落方面へ行きました。

滋賀の山の方へ行くと、このように“水”とか文字の書かれた家が多くあります。
火災除けの意味があるのだとか・・・。

そういえば、東藤原の近くにもこんな廃墟があるんですよね。
近くで見ていないのですが、同じように文字が書いてあります。
同じような文化から来ているのでしょうか??


話を戻して・・・
この先、行ってみたい気もしたのですが、覗いてみると・・・
雪で行こうにも行けませんでした(^^;)
Ume56
水たまりのところが県道の終点。
向こう側は林道になります。

こんな狭い山中でも、県道はきちんと除雪されるようですね。
ここで折り返し、多賀SAで休憩。
そのあとは、険道・・・ではなく県道34号線で多賀→永源寺へ抜けて、石榑トンネルから帰りました。

県道34号線もなかなかな道です(笑)
Ume57
路上河川キタ――(゚∀゚)――!!


ということで、春のはじまりを穏やかに楽しむはずが、ちょっとずれてしまった1日でした(笑)

2017年9月 7日 (木)

はかるくん

Hakaru05
緑の中から黄色い珍客が顔を出しました(^^)


養老鉄道のHPで、9月5日(火)に検測車・はかるくんが走行するとの情報が!
お!ちょうど夜勤明け!これは撮りに行こう!

と思っていたら、奥さまお休みとのこと( ;∀;)
ところが・・・大垣の水まん氷を今年も食べに行きたいと!
数日前に行ったことは内緒です(笑)

これならはかるくんと絡めて行けるんじゃ!?と当日の行程を考えるべく脳みそフル回転です(笑)


月曜日の朝、塩浜からはかるくんが送り込まれました。
Hakaru06


そして当日、天気もスッキリしないこともあり、長時間停車する養老駅へ覗きに行くことにしました。
その前にランチです(^^)
Hakaru07
関ヶ原のレストラン・伊吹です。
関ヶ原ICの近くで、通るたびに気になっていたのですが、ようやく行くことができました(^^)

オムライスのセットを注文。
デミグラスソースのオムライスが最高でした♪
Hakaru08

Hakaru09
そして、鶏肉のカリカリサラダも美味しかったです(・∀・)

食後は養老駅へGO!
Hakaru13
渋い駅舎です。

駅で入場券を購入すると、「はかるくんの撮影ですか?時間になったら改札しますのでそれまでお待ちくださいね」と案内され、入線前にホームに入らせてもらえました(^^)
Hakaru10
20分くらい停まっているので、じっくり観察が出来ます(^^)
ドクターイエローのように多くの人が来るわけでもないので、ノンビリと撮影タイムです。

Hakaru11

Hakaru12

Hakaru14
養老駅といえば瓢箪(^^)
絡めて撮りたかったのですが、なかなか難易度が高い('Д')
次回があれば再チャレンジしたいものです。


はかるくん撮影後は、大垣へ!
Hakaru15
おなじみ餅惣で、水まんじゅうです。
今回は、それほど暑くなかったこともあり、かき氷ではなく水まんじゅうをいただきました(^^)


のんびり過ごした1日。
最後はなぜかこんなところに!???
Hakaru16
また、廃村巡り熱が復活しそうです(苦笑)
雨も降り、日没間近の武奈・・・ちょっとコワかったです(^^;)

次回は比婆神社へ行ってみたいです。

2017年7月12日 (水)

四日市のDD51

Yoka14
指差し確認ヨシ!


今週のブログはDDウィークです(笑)
ひもの食堂→四日市港へ行った後は、四日市駅近くの踏切へ向かいます。

この場所で撮影するのは数年ぶりでしたが、すぐ横にコンビニが出来ていました(笑)

15時後半には石油便とセメント便が続いて発車していくので効率よく撮影できます(^^)
Yoka15
逆光になるのですが、煙が逆光のおかげで幻想的になりました(^^)

セメント便は原色853号機とともに引退が近いと言われる875号機。
Yoka16

最後は四日市駅を覗きに行ってみると、原色853号機がいました。
Yoka10
四日市らしい煙突をバックに(^^)

Yoka11
作業員の方とDD51。


~おまけ~
最後の最後は気になっていたココをチラリ(笑)
Yoka13

Yoka12
明るい商店街・・・。

この近くにあった“采女の里”を売っていた花月堂さんも閉店・・・寂しい限りです(>_<)

2017年4月26日 (水)

なつかしの駅~三岐線プチトリップ~

042601
学生時代に利用していた懐かしの駅、変わっていませんでした(^^)


タイヤ交換をしました・・・ようやくです(苦笑)
今冬に購入したスタッドレス、数年ぶりの大寒波だった今年は本当に役に立ったのですが、それ以外は酷道や林道へ行くわ、この時期まで変えずにどんどんタイヤの溝だけ減らしていってしまったような気がします(;'∀')

さて、タイヤ交換まで時間があったので、待ち時間に三岐線プチ乗り鉄をしてきました(笑)

学生時代に利用していた駅、駅舎もベンチもホームも変わっていません(^^)

当時は駅ビル(というと立派に聞こえますが^^;)の1階、いまは駄菓子屋さんがあるところにパン屋さんがあって、そこで買い食いして出た瞬間に先生に現行犯逮捕されたことがあったな~・・・。

テスト時期になると複数の学校の学生が重なり、そこへ2両編成が来ようものなら都心のラッシュ並みの大混雑(;゚Д゚)
それが嫌で、反対向きの列車に乗って一駅戻ろうとして怒られたり(^^;)

・・・っていま思うと非常に良くない学生でしたね(^^;)


さて、そんな懐かしの駅から列車に乗ります。
042602
昨日も夜勤だったので、ウトウト寝てしまいそうになります(--)zZZ

寄り道しつつ、最後は東藤原駅から乗車(^^)
042603
駅舎の前は工事の準備がされていました。
この駅舎も見納めでしょうか??

042604
待合室ではツバメさんが巣作り中でした(^^)

042605
セメント貨物もまもなく毎年この時期の運休でしょうか・・・。
(帰りの列車でセメント貨物とすれ違ったので、今日はまだ走っているようです。)

ホームを見てみると、色々と面白いものがありましたので列車待ちの間にスナップ(^^)
052606

042607

そして、帰りもウトウト(笑)
電車ってなんで眠たくなるんでしょうね(^^;)

久々の三岐線乗り鉄、楽しかったです♪
タイヤ交換した車も無事回収!
さて・・・寝ます(笑)

2017年4月11日 (火)

桃原集落

Mobara04
滋賀の廃村・冬季閉鎖集落巡り、これまで、茨川落合と行きましたが、3月上旬には冬季閉鎖の桃原集落へ行って来ました。

この日は、まず醒ヶ井養鱒場方面へ。
実は、5年くらい前に興味本位で養鱒場先の細い山道を上がっていったのを思い出したのですが、どこかへ抜けたのか?行き止まりだったのか??急に気になったものの、思い出せずに行くことにしました(笑)

走っていくうちに、そうそうこんな感じだった!と思い出してきました(^^;)
そして、終点がやってきました。
Mobara01
霊仙山登山道入口。ここで車は行けなくなりました。
前回ここまで来たのかどうかも思い出せません(^^;)


ちなみに、下の地図のGoogleの文字の辺りが登山道入口、地図上の方が醒ヶ井駅方面になります。


この先少し歩くと、廃集落跡の石垣などが見れたそうですが、このときは知らず、まだこの積雪のため引き返しました。

続いては、男鬼集落にあるという比婆神社を目指しましたが、道が冬季通行止め。
諦めて、杉集落を目指しますが、こちらも同じく(^^;)
Mobara02
残念!!

時刻は17時過ぎ。辺りは次第に暗くなってくるのでこれで諦めるか~・・・
でも、ここまで成果なし・・・。

スマホで調べると、近くに桃原(もばら)集落があるとのこと。
日没までに山道を駆け上がります!

地図の桃原と書かれている場所です。
アップすると、こんな山の中に集落があるのがわかります。

ちなみに、下の139号線が杉集落へ続く道です。

まだ日没まで少し時間はあるとはいえ、木々に囲まれた道は薄暗い(>_<)
でも、日が沈む前に!と山道を上がっていくと集落が現れました!Mobara03

帰りの時間もあり、また積雪で先まで行けなかったので、周辺をそそくさと見て回ります。
パッと見れば普通の集落。
でも、人の気配はしない。不思議な感じがします。

あとで調べると、かつて(昭和30年代?)はこの辺りにスキー場があったのだそうです。

3月でこんな感じだったので、今年の1月の豪雪のときはどんな感じだったのでしょうね。


春になって、道路も冬季通行止めが解除されたので多賀方面へ行く機会が増えそうです(笑)

2017年4月10日 (月)

桜と凸と工場萌え

Dd
桜のトンネル、向こうを覗いてみると原色DD51が走っていきました(^^)


至る所で桜が満開、綺麗です(^^)
でも、桜を見ていると、他の花と違って、綺麗だな~というだけじゃない感情?もわいてきます(説明しにくいのですが^^;)。

やっぱり、その儚さにあるのかもしれません。


さて、桜といえば・・・
先日とある広報誌に載せていただきました(^^)
001


さてさて、せっかく桜も綺麗なので、工場夜景とコラボなんてできないかな?と探してみました。
Isodu04
これが限界でした(^^;)
桜も葉が出始めていましたし、背景も煙突だけ入れるのが精一杯。

他にも先日通りかかって綺麗だったので、磯津から塩浜の工場を眺めてきました♪
Isodu01

Isodu02
なんだか・・・強そうですよね(^^)

Isodu03
川面に灯りがうつって綺麗でした(^^)

2017年3月20日 (月)

月と工場

032003
夜空を照らす低い月が印象的でした。


春の3連休が終了!
ま~・・・とにかく忙しかったです(^^;)

でも、今月はお店の売り上げも好調!
このまま月末まで行きたいところです(^^)

土曜日、仕事が終わって帰宅。
翌日の勤務に備えて早く寝ないといけないのですが・・・。

夜空を照らす低い月。
しかも赤っぽくてなんだか不気味でした(;O;)


ということで(?)、寄り道(^^;)
032001

032002
工場萌えです!

032004
さて、帰りましょう!
帰りますよー、帰りますよー・・・。

あかん・・・。ついつい夜道を走りたくなって宮妻峡まで行ってしまいました(^^;)
032005
シカさんに出迎えられ、山道を進むと綺麗な夜景が見えるところがありました!

このあとは帰っておとなしく寝ました(^^;)

2017年3月14日 (火)

茨川と茶屋川

Ibara02
まだ雪が降る前に訪れた、滋賀の廃村・茨川です。


先日は、滋賀の冬季無人集落・落合に行きましたが、この冬、雪が降る前には茨川へ行っていました。
こちらは完全に廃村となった村で、電気が通る前になくなっているので電線もありません。


石槫トンネルを抜け、少し行ったところで脇道に入ると林道・茨川線のスタートです。
Inabe04

すぐにダート道になります。
林道って感じの道ですが、幅もあって比較的走りやすいです・・・

が、こんなゾーンが!
Ibara03
以前ぬかるみにタイヤがはまった経験がある自分にとっては恐怖でしかありません(笑)

引き返すか・・・いや、でも勢いよく行けば抜けれるんじゃないのか?
近くの木の枝で深さを見たり、硬さを調べたり・・・

最終的には根拠なしで突っ込みました(^^;)
ちなみに、このあとはこんなもんで何迷っていたんだ?と思うくらいこんな水たまりばかり出てきます(苦笑)


この後、1ヵ所これは本当にやめた方がいいか!?と思う深めの水たまりがあり、さすがにためらっていたら、対向でランクルが来て、豪快に駆け抜けていきました。

それを見て、よし!行こうと勢いよくスプラッシュマウンテンの如く駆け抜けました(?)

だが、冷静になって思うと、自分の車はランクルなんぞではないただのコンパクトカー(;゚Д゚)
ランクルが行けるのを見て、行こうと思った根拠は何なのか?!!


そんなこんなで進んでいくと、後半は見通しの良い川沿いの道を延々進みます。
そして、突如林道は終了。行き止まりです。
Ibara01
延長10.5km。長かったです( ;∀;)

茶屋川が流れる向こう側、少し建物が見えていましたが、あちらに茨川村はありました。
残念ながら装備もなく、時間も夕方だったのでこのまま引き返すことにしました。

タイヤ悪くなったよな~、四駆欲しいな~・・・。


ちなみに、この茨川は滋賀県ですが、場所的に山を越えれば三重県ということでそちらとのつながりもあったようです。
なんでも、お医者さんが北勢町から治田峠を越えて来ていたとか・・・。


ところで、このブログで“茶屋川”というとこれを思い出す方が多いかもしれません。
021601
北勢線の戸上川に架かる茶屋川橋梁。

ここでふと思ったのが、茶屋川って何ぞや??
当然、この滋賀の茶屋川とは関係ないだろうし、茶屋ってつく地名はよくあるので、名前自体は不思議じゃないのですが、川自体は戸上川という名前。

でも、橋梁名は茶屋川。
員弁川を町屋川と呼ぶみたいに俗称なんでしょうか???
ずっと気になっています、わかる方教えてください(^^;)

2017年3月 6日 (月)

夜の金城ふ頭

Yoru03
夜の金城ふ頭、名港トリトンが綺麗でした。


ストレス解消に夜の道路を走る!(安全運転で!!笑)
さすがに夜は酷道・林道に行くのはこわいので、夜景を見に金城ふ頭へ(^^)

キリンさんと月。
Yoru01

工場萌え(^^)
Yoru02
対岸の工場と、海に映る光が幻想的でした♪

Yoru04_2
さりげなく117系(笑)

また、行ってみようと思いますが、ちとこわい(笑)

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Sangi102
  • Sangi103
  • Sangi101
  • Sangi100
  • Higashi01
  • Higashi07
  • Higashi06
  • Higashi05
  • Higashi04
  • Higashi03
  • Higashi02
  • Hoki110004