坂本の棚田

Tanada05
棚田百選にも選ばれた坂本の棚田、のどかな風景が広がっていました。


夜勤明け、この時に気になっていた坂本の棚田へ行って来ました。
辺りでは第二名神の工事が進む中、道をあがっていくと駐車場がありました。

そこから、坂道を歩いて進みます。
快晴過ぎて暑かったです(^^;)

ところが、周りに見える田んぼは水が張られていない・・・というか休耕田??

これはやってしまったか!?と集落を進んでいくと、水が張られた田んぼが見えてきました(^^)
Tanada04

そして、目指す展望台も見えてきました。
Tanada06
展望台の下には水車が(^^)

登ってみると、木陰で涼しい(^^;)
そして、広がる棚田の風景!
Tanada03

Tanada01
大きな栗の木と、そこから見える棚田の風景。
まさに曲線美ですね。そして、本当に日本の風景って素晴らしいな~と思えます(^^)

ここでしばし、のんびりしていると、お上品な女性の方が(^^)
京都の方で、秋に来られて、また立ち寄ってみたそうです。

秋も黄金色に輝き、とても綺麗だそうです♪


夕方の景色も綺麗なんだろうな~と思いつつ、展望台をあとにしました。
帰り際に目線を感じたのでふと見たら・・・
Tanada02
ずっとそこから見ていたのですね(笑)


このあと、いったん集落から戻り、前回深夜に来て諦めた新名神の高架下から入っていく道を進んでみました。

途中に仙が岳への登り口との分岐があり、そこを右に進むと・・・
前回暗闇で諦めた道。

今回は進んでみました・・・が、狭いは細いは急坂だわ・・・。
最後は集落が見えてきたので半泣きで進みましたが、ゲートがあって終了でした(;O;)

泣きながら延々バック(笑)
唯一あったスペースを使って転回して、ダッシュで帰りました(^^;)


日本の素晴らしい風景を見て、心癒された後のオチがこれではあんまりなので、ホッとしたところで見たお茶畑をパチリ。
Tanada07
山に日が沈んでいきます。
まるで静岡の茶畑を思い出させるような風景でした♪

また、癒されに行きたいと思います(^^)

| | コメント (2)

おぼろ月夜の桜

Sakura70
おぼろ月夜、桜満開の駅に列車がやってきました。


近江鉄道の桜撮影で行った長谷野駅の桜。
夜のシーンも撮ってみたくなり、翌日の晩に試しにカーナビをセットしてみると・・・

約1時間・・・行くか(苦笑)

なんとか終電までに間に合う時間だったので、発進ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


石槫トンネルを抜けて、到着!
ちょうど桜の後ろには月がありました(^^)
Sakura69
列車がやってくると、車内の灯りで桜が綺麗に見えました(^^)
来た甲斐ありでした(^^)


帰ります(笑)
夜の太郎坊宮。
Sakura71

せっかくなので、同じ道で帰っても面白くありません・・・
こちらを通りました(^^;)
Sakura72
安楽峠です!

ここを走ると、石水渓の近くで分岐があって、左側に行くと道(船石林道)が続いています。
気になっていたので、行ってみました。

・・・が、しばらくあがったところで未舗装に変わり、しかも先が良くわからん・・・。
Sakura73
というより、コワい(゚Д゚;)

引き返しました(^^;)


石水渓を越えると、新名神の高架下を通ります。
Sakura74
真ん中は第二名神の工事が進んでいました。

ここを越えたところで、こんな道が・・・。
Sakura75
椿大社に抜けられる道?
車が通れるのかわかりませんが、進んでみました。

・・・が、真っ暗で細いし、よく見えない(;'∀')
深夜だし、さすがに諦めました(笑)

近くには坂本の棚田という見どころがあるそうで、今度行ってみようと思います(^^)

| | コメント (2)

桃原集落

Mobara04
滋賀の廃村・冬季閉鎖集落巡り、これまで、茨川落合と行きましたが、3月上旬には冬季閉鎖の桃原集落へ行って来ました。

この日は、まず醒ヶ井養鱒場方面へ。
実は、5年くらい前に興味本位で養鱒場先の細い山道を上がっていったのを思い出したのですが、どこかへ抜けたのか?行き止まりだったのか??急に気になったものの、思い出せずに行くことにしました(笑)

走っていくうちに、そうそうこんな感じだった!と思い出してきました(^^;)
そして、終点がやってきました。
Mobara01
霊仙山登山道入口。ここで車は行けなくなりました。
前回ここまで来たのかどうかも思い出せません(^^;)


ちなみに、下の地図のGoogleの文字の辺りが登山道入口、地図上の方が醒ヶ井駅方面になります。


この先少し歩くと、廃集落跡の石垣などが見れたそうですが、このときは知らず、まだこの積雪のため引き返しました。

続いては、男鬼集落にあるという比婆神社を目指しましたが、道が冬季通行止め。
諦めて、杉集落を目指しますが、こちらも同じく(^^;)
Mobara02
残念!!

時刻は17時過ぎ。辺りは次第に暗くなってくるのでこれで諦めるか~・・・
でも、ここまで成果なし・・・。

スマホで調べると、近くに桃原(もばら)集落があるとのこと。
日没までに山道を駆け上がります!

地図の桃原と書かれている場所です。
アップすると、こんな山の中に集落があるのがわかります。

ちなみに、下の139号線が杉集落へ続く道です。

まだ日没まで少し時間はあるとはいえ、木々に囲まれた道は薄暗い(>_<)
でも、日が沈む前に!と山道を上がっていくと集落が現れました!Mobara03

帰りの時間もあり、また積雪で先まで行けなかったので、周辺をそそくさと見て回ります。
パッと見れば普通の集落。
でも、人の気配はしない。不思議な感じがします。

あとで調べると、かつて(昭和30年代?)はこの辺りにスキー場があったのだそうです。

3月でこんな感じだったので、今年の1月の豪雪のときはどんな感じだったのでしょうね。


春になって、道路も冬季通行止めが解除されたので多賀方面へ行く機会が増えそうです(笑)

| | コメント (0)

茨川と茶屋川

Ibara02
まだ雪が降る前に訪れた、滋賀の廃村・茨川です。


先日は、滋賀の冬季無人集落・落合に行きましたが、この冬、雪が降る前には茨川へ行っていました。
こちらは完全に廃村となった村で、電気が通る前になくなっているので電線もありません。


石槫トンネルを抜け、少し行ったところで脇道に入ると林道・茨川線のスタートです。
Inabe04

すぐにダート道になります。
林道って感じの道ですが、幅もあって比較的走りやすいです・・・

が、こんなゾーンが!
Ibara03
以前ぬかるみにタイヤがはまった経験がある自分にとっては恐怖でしかありません(笑)

引き返すか・・・いや、でも勢いよく行けば抜けれるんじゃないのか?
近くの木の枝で深さを見たり、硬さを調べたり・・・

最終的には根拠なしで突っ込みました(^^;)
ちなみに、このあとはこんなもんで何迷っていたんだ?と思うくらいこんな水たまりばかり出てきます(苦笑)


この後、1ヵ所これは本当にやめた方がいいか!?と思う深めの水たまりがあり、さすがにためらっていたら、対向でランクルが来て、豪快に駆け抜けていきました。

それを見て、よし!行こうと勢いよくスプラッシュマウンテンの如く駆け抜けました(?)

だが、冷静になって思うと、自分の車はランクルなんぞではないただのコンパクトカー(;゚Д゚)
ランクルが行けるのを見て、行こうと思った根拠は何なのか?!!


そんなこんなで進んでいくと、後半は見通しの良い川沿いの道を延々進みます。
そして、突如林道は終了。行き止まりです。
Ibara01
延長10.5km。長かったです( ;∀;)

茶屋川が流れる向こう側、少し建物が見えていましたが、あちらに茨川村はありました。
残念ながら装備もなく、時間も夕方だったのでこのまま引き返すことにしました。

タイヤ悪くなったよな~、四駆欲しいな~・・・。


ちなみに、この茨川は滋賀県ですが、場所的に山を越えれば三重県ということでそちらとのつながりもあったようです。
なんでも、お医者さんが北勢町から治田峠を越えて来ていたとか・・・。


ところで、このブログで“茶屋川”というとこれを思い出す方が多いかもしれません。
021601
北勢線の戸上川に架かる茶屋川橋梁。

ここでふと思ったのが、茶屋川って何ぞや??
当然、この滋賀の茶屋川とは関係ないだろうし、茶屋ってつく地名はよくあるので、名前自体は不思議じゃないのですが、川自体は戸上川という名前。

でも、橋梁名は茶屋川。
員弁川を町屋川と呼ぶみたいに俗称なんでしょうか???
ずっと気になっています、わかる方教えてください(^^;)

| | コメント (2)

春を待ちわびて

022601
段々と空気も春に近づいて来たような気がします(^^)


春が待ち遠しいです♪
桜や菜の花、春の風景を撮るのももちろんなのですが・・・

実は私の裏趣味?に林道・酷道・廃村巡りがあります(^^;)
こちらも冬の期間は、雪による通行止めがあったり、そもそも危険なので春を待っている状態です(笑)

とはいえ、我慢できずに今日の午後から滋賀方面へ行ってきました。
石槫トンネルを抜けて、すぐのところから廃村・茨川の跡へ行く林道がありますが、ここは昨年秋に行ったのでパスして彦根方面へ進みます。

実は彦根の山の方は廃村の集落が点在しているのです!
多賀大社の近くから県道を走っていくと、段々と積雪が増えてきます・・・。
とはいえ、道路自体は除雪された状態。

不安と期待がピークに達したころ目の前に広がったのがこれ!
022604
道路の両側に今にも崩れそうな倉庫が・・・!

ここから分岐した急坂もあったのですが、そちらは積雪でとても行ける状況ではナシ。
スマホで調べるか・・・と思ったら圏外(^^;)

あとで調べたら、その坂を行くと入谷という集落へ行けたそうです。
また春以降にリベンジです(^^;)

正直、車1台分の道幅、雪、不安になって来るので、この先行けるか車を置いて少しだけ歩いてみました。


結論・・・まぁ何とか行けるでしょう(根拠なし)!ということで、進みます。
ほどなく(といっても行きは長く感じました^^;)、建物が出てきました!
022606
霊仙・落合集落です。
ちなみに、ここへ来るまでに今畑集落があったようですが、道路に面してないこともあり、気づきませんでした。


歩いていくと、瓦が落ちていました・・・。
022607

022605
まだまだ雪深かったです。

神社もありましたが、雪に阻まれ近づくことはできませんでした。
022608
ネットなどで調べていると、廃村といっても正確には冬季無人集落であり、ある程度人の手が入っているのがわかります。
それでも、独特のムードがありました。

ちなみに、雪のためこの神社の辺りで本当に行き止まり。
雪がなければ、この先男鬼集落へ抜けられるそうで・・・春が楽しみです(^^)

~おまけ~
廃村巡りをする前に、永源寺の道の駅で見た除雪車!カッチョエエ!!
022603

おまけ② 今年初のウメジロウゲット♪
022602
梅はまだ少し早かったです(^^;)

| | コメント (4)