無料ブログはココログ

2020年2月14日 (金)

河津桜と踊り子

Izu22
河津桜が咲く中を、ストライプの踊り子号が走っていきました。


踊り子号撮影シリーズ最後です^^
稲取俯瞰で撮影した後は、このまま伊豆急沿線に残って撮影しました。

あいにく・・・というか予報通りでしたが空は雲が優勢に。
そんな中、道中で鮮やかに桜が咲いている場所が・・・。

Izu23
河津桜です(^^)
元々ソメイヨシノなどより早くに咲く河津桜ですが、今年は暖かさもあって早いのでしょうか??

ちなみに、この場所見覚えがあるな~と思ったら、10年近く以上前に寄ったことがありました。
Izu25
この頃は踊り子号もストライプではなく、ブロックの湘南カラーでした。


この日最後は有名撮影地の川奈の鉄橋へ。
学生時代に鉄道模型のカタログでここのジオラマが出ていたような気がして、印象に残っている場所です。

さすがに曇り&暗くてただ撮っただけ状態ではありますが^^;
Izu24


ここも以前に伊東駅からバスを乗り継いで来たことがありました。
Izu26
当時はまだ元JR115系の200系が走っていました。


この撮影ポイントはすぐ横が蜜柑屋さんなので、お土産に買って帰りました。
麗紅という品種、とても美味しかったです♪

ということで、踊り子号撮影ツアーはこれにて終了!
当初思っていたよりも天気に恵まれ、行きたかった撮影場所で踊り子号も撮影できて、大満足です!
まだ踊り子号185系も一部は残りそう?ですが、色々と撮れてよかったです!
たまには遠征も楽しいものです(^^)

2020年2月12日 (水)

伊豆稲取俯瞰

Izu21
Izu17
伊豆稲取の海辺を走るストライプの踊り子号。


踊り子号撮影の続きです。
伊豆急行に来たら行ってみたかった稲取俯瞰と呼ばれる撮影場所。
伊豆急の写真と言えばこれ、といった感じでこの場所の写真を見られたことがある方も多いと思います。

ただ、海を大きく入れての撮影では天気に大きく左右されます。
天気は予報では朝は晴れても段々と曇り予報・・・。

とはいえ、空は雲が流れていくものの青空も見える状態・・・
かすかな期待をもって向かうことにしましたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

到着した稲取俯瞰は絶景でした!!
空は・・・相変わらず日が射したり陰ったり・・・。。。

どちらかというと線路部分には日が射す時間が多いのですが・・・
踊り子号通過時刻は・・・微妙に曇った\(^o^)/

でも、曇り予報のなかで撮れただけ良いか・・・でも消化不良・・・。
1時間後にもまた踊り子号は通過しますが、このまま天気が良くなる保証はなし。
というか悪くなる予報(>_<)

このまま待つか、移動するか・・・。
結局、奇跡を信じて(大げさ^^;)このまま待つことに!

空はスッキリ快晴とはいかないものの、列車通過時にはなんと青空が広がり海も綺麗な青色となりました♪
Izu16
Izu15
東急から来た車両。
爽やかなカラーリングが伊豆の海とマッチしています。

こちらは東急時代のリバイバル仕様の車両です。
Izu19

トンネルを出てくる踊り子号をズームで狙ってみました^^
Izu18

この稲取俯瞰、事前に調べていたら“わかりにくい”“断崖絶壁”“滑落者が出た”など恐怖感をあおるワードが(苦笑)
Sさんは訪問経験があるため、慣れた感じで案内してくれました(^^;)

結論から言うと、思っていたより簡単に行けました。
道も獣道ではあるものの、道なりに行けば到達します(案内されなければ自力では見つけられなかったと思いますが^^;)。

ただし、断崖絶壁は事実です(汗)
あと、獣道は木の根っこが出っ張っているので、焦って転んだらアウトです(゚д゚)!


近くのコンビニでお昼を済ませてから、再びこの場所へ。
午後の踊り子号は、予報通りの曇り空の中を通過していきました。
Izu20
高所恐怖症というほどではないのですが、ここは結構コワかったです(^^;)
しかも、悪いオジサンは面白がって悪ふざけでおどかしてくるので、もっとコワかったです(*´з`)


この日の天気予報からしたら、行ってみたかった撮影ポイントでここまで撮れたのはもう大満足です(^^)
やっぱり行ってみないとわかりませんね。

2020年2月11日 (火)

伊豆急と海

Izu11
伊豆急と言えばやはり海の風景です!
波がしぶきを立てるなか、スーパービュー踊り子が駆け抜けていきました。


先日の踊り子号撮影珍道中?
東海道本線の根府川界隈での撮影を終え、函南俯瞰というポイントへいきました。

急坂を上がっていくと、S字カーブを俯瞰できる場所が!
時間的にも暗くなってきましたが、ここで踊り子号を撮影してこの日の〆。
Izu12

宿泊は伊東の温泉です。
お風呂に浸かる前に翌日の作戦会議(^^)

翌日の狙いは伊豆急線内での踊り子号。
予報は午前晴れ→午後曇りということで、午前が勝負!

特に行ってみたいのは稲取俯瞰と呼ばれる場所なのですが、ここは昼くらいからが良さげ。
海を入れる場所は天気が悪ければそれだけで厳しいので、とりあえず天気次第で動くことに決めました。


翌朝、チェックアウトすると外は快晴!
とりあえず目星をつけていた第一ポイントへ向かいます。

トンネルの上から、海を入れての構図が撮れる場所。
Izu08
黒船列車がやってきました。

海の雄大さと波の音に癒されます(^^)
続いてやってきたのは、東急からの車両!
Izu09
無塗装のリバイバル仕様になった編成が登場です^^

続いては、同じく東急からの車両ですが、伊豆急オリジナルカラーとなっています。
Izu10_20200209172901
個人的に、このカラーリングがとても爽やかで好きです(^^)

さて・・・見ていただいてわかると思うのですが、一気に海の色が(^^;)
実は、予報通り無常にも空には雲がぐんぐんと広がって来てしまいました・・・。

これは稲取俯瞰は諦めないといけないかな??とテンションは下がります。
とりあえず、このあとやってくるスーパービュー踊り子を撮ってから移動することにします。
ちなみに、スーパービュー踊り子は3月のダイヤ改正で引退してしまいます。

列車を待っていると・・・なんとビックリ!
またまた青空が広がって来るじゃないですか(;゚Д゚)!
そして、日が射す中をスーパービュー踊り子は通過していきました^^


これは、稲取俯瞰も期待できる?!
でも、空は快晴というわけではなく、向こうの方には大きい雲・・・
期待と不安を胸に稲取俯瞰へ向かいますε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

2020年2月 6日 (木)

海と蜜柑と踊り子

Odoriko03
実った蜜柑と広がる海、鉄橋を緑ストライプの踊り子号が駆け抜けていきました。


日曜日、仕事明けで踊り子号撮影へGOε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
はじめて行く根府川近辺の撮影地に14時過ぎに到着しました。

雑誌などで見たことがある有名撮影地、実際来て見るとおぉ、ここか!と感動があります(笑)

到着後、185系踊り子号が数本撮影できるのですが、あいにく空は雲がどんより。。。
まぁこればかりはしょうがないや('_')と、カメラをセッティング→下りの踊り子号が通過~!

続いて上りの踊り子号を待っていると・・・
なんと太陽さん登場(゚д゚)!

さすがに雲が多く、海の色は出ませんでしたが、日差しを浴びて緑のストライプの踊り子号が通過!!
Odoriko02

この日の踊り子号は臨時便も走っており、この後にもまだやって来ます。
少し場所を移動すると、蜜柑畑(  ・∀・)イイ!!

ということで、蜜柑+海+鉄橋を行く踊り子号をゲット!
Odoriko04
このタイミングもまたまた日が射して、しかも青空も出てくれたので海の色も綺麗でした(^^)

この後は、スーパービュー踊り子などもやって来ましたが、雲が一気に広がってきちゃいました(^o^;)
とはいえ、これだけ撮れれば大満足です♪

2020年2月 4日 (火)

伊豆の踊り子

Odoriko01
伊豆急行線内、海沿いを行く緑のストライプの“踊り子号”。


185系で運転される踊り子号。
春のダイヤ改正以降、順次後継車に交代となり、完全引退もそう遠くないようです。

今回、久々の遠征で行って来ました。
悪いオジサンSさんにお世話になり、日曜日の仕事明けで出発・珍道中?となりました^^;

天気予報は曇りマークが目立つ怪しげな感じ・・・。
行ってみたかった写真の場所、曇ったらガックシだな~と期待せずにいましたが、背後の空は雲が多いものの、なんとなんと踊り子号通過時はしっかり太陽が出てくれて、個人的には満足です^^

2019年10月15日 (火)

台風一過

Ed01
台風一過の青空
・・・ではなく、今日の青空です^^;


週末に台風19号がやってきました。
かなりの勢力ということで警戒をしましたが、こちらは自宅、職場とも大きな被害はなく終わりました。
翌日には前日の台風が嘘のようなスッキリとした青空が広がっていました。


ただ、信州や関東の方では大きな被害があったことをニュースで見ました。
被災された皆さまの早期の復旧をお祈りしています。

鉄道関連で、北陸新幹線の車庫が水没している様子は衝撃的でした。
また、上田電鉄では鉄橋が落下したとのこと、昨年にこの鉄橋で撮影したばかりだったので驚きました。
Shin
Ueda

改めまして、被災された皆さまにお見舞い申し上げますとともに、早期の復旧をお祈りしています。

2018年6月 9日 (土)

初夏の遠足Ⅱ~篠ノ井線を走る車両たち~

18ng11
青空の下、稲荷山ストレートをあさまカラーの189系・おはようライナーがやってきました!


早朝の姨捨で189系の送り込み回送を撮影した後は、折り返しを撮影します。
向かった先は稲荷山ストレートと呼ばれる場所。

初めての土地では定番へ行くに限ります(笑)

ここで1時間ばかり撮影します。
やって来る列車がどれも普段馴染みのない車両ばかりなので、撮っていて楽しいです。

18ng16
まずはE257系!これは特急ではなく快速列車でした。

18ng15

18ng13
E127系と211系。
信州カラー、爽やかでとても好きなカラーリングです(^^)

これまた新鮮なブルーサンダーの貨物列車です!
18ng14

最後はしなの!
18ng12
こちらは馴染みのある車両なので、なんだかホッとしました(^^)
しなのが稲荷山駅で交換して、おはようライナーがやってきます。


さて、このあとはいよいよ、しなの鉄道へ向かいます!
今回メインで狙いたいスカ色の115系はこの時間は北しなの線を走っています。

定番の黒姫山バックのポイント、今から行くには間に合うか実に微妙な距離。
・・・ダメ元で向かうことにしましたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

果たして間に合うのか!?(笑)

~つづく~

2018年6月 2日 (土)

初夏の遠足I~碓氷峠の生き証人~

18ng09
早朝の姨捨、碓氷峠の生き証人でもある189系がやってきました。


さて、年1回許可をいただいている(と勝手に思っている^^;)、泊りでの撮影遠征。
昨年は秩父鉄道へ行きましたが、今年はしなの鉄道を中心にまわってきました(^^)


5月24日、勤務を終えて仮眠→日が変わる頃にMoriさんと合流してレッツ・長野!
最初はテンション高く進みますが、お互いもう若くはありません(苦笑)


今回、最初の目的地は姨捨。
ここで、189系のおはようライナー送り込みの回送列車を撮影します。


かつて碓氷峠を越えていた車両が当時のカラーで今も走っているのは嬉しい限りです。

碓氷峠終焉の当時は中学生。
雑誌で見て、EF63に憧れを抱いたもののとても行くことなどできず、模型を買って楽しんでいた覚えがあります。

その時に見ていた“あさまカラー”の189系。
早朝5時半、静けさの中を汽笛を鳴らしてやってきた姿を見たときは、シャッターを押しながらカッコエエ!!!とつぶやいてしまいました(笑)

列車が通過すると、再び静けさが戻ります。
18ng10
撮影地から見おろした善光寺平、棚田の水田が美しいです。


初夏の遠足2018、なかなか幸先のいいスタートとなりました(^^)
~つづく~

2017年6月27日 (火)

初夏の遠足Ⅲ~D51 498~

Takasaki05
青空の下をD51 498牽引のSL碓氷号が走っていきました!


高崎機関区周辺をうろうろしていると、SLが出庫準備をしていました。Takasaki04
D51 498号機、はじめて見ました(^^)

SL碓氷号は安中鉄橋という有名ポイントで撮ることにしました。
せっかくの大きいD51、アップで撮りたいとも思ったのですが、せっかくの青空と旧型客車の編成を入れたかったので広角気味で構えます(^^)

遠くから煙が見えてきて、汽笛の音が・・・!
やっぱりSL撮影の楽しいのはこの瞬間ですね♪

SL碓氷号の撮影はこれで終わりですが、今日のSL撮影はまだ終わりではありません(^^)
~つづく~

2017年6月26日 (月)

初夏の遠足Ⅱ~高崎駅~

Takasaki03
高崎の機関庫には原色DD51とDE10が!


早朝の横川で115系を撮影した後は、このあとSL碓氷号を撮影する場所を見つつ、高崎駅へ向かいました。

なぜ、向かったかというと、見ておきたかった車両があるからです。
Takasaki01
元西武451系の上信電鉄100形です。
同じ元西武451系の車両はかつて三岐線でも走っていました。

この100形は1996年の引退後、約20年間構内に留置されていましたが、今回の遠征の数日前にいよいよ解体!?という情報が出てきました。

これは見ておかないわけにはいかない!と高崎へ向かいました。
Takasaki02
右は上信電鉄の本社。
10年くらい前に来た時、留置中のデキの写真を撮りたくてお願いしに行ったことがあります(笑)

この数日後には解体されてしまったようで、最後に見ることが出来て良かったです。

続いてはJRの高崎機関区周辺へ!
見慣れぬ機関車がいっぱい停まっていてテンション上がります(^^)

そんな中でも見たかったのが、高崎のDD51。
Takasaki10
構内には原色のDD51やDE10が!
とても綺麗に保たれています(^^)

そんなこんなしているうちに、構内からSLの汽笛が聞こえてきました!
~つづく~

最近の写真

  • Aji01_20200710155301
  • Aji02_20200710155301
  • Kamo03_20200709182001
  • Kamo04_20200709182001
  • Kamo01_20200709182001
  • Kamo02_20200709182001
  • Sangi01
  • Sangi02
  • Aji05
  • Aji06
  • Aji07
  • Aji08